雨柳堂夢咄 其ノ七 (ソノラマコミック文庫 は 28-8)

著者 : 波津彬子
  • 朝日新聞出版 (2008年8月7日発売)
3.92
  • (24)
  • (20)
  • (27)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :166
  • レビュー :10
  • Amazon.co.jp ・本 (332ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022671790

雨柳堂夢咄 其ノ七 (ソノラマコミック文庫 は 28-8)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • じっくりジワジワ読むつもりが、結局ここまで一気読み。
    8巻はまだ入手していない・・・即、買わなくちゃ。

  • おつかい猫、紫煙の夢、鬼のくる夜、たずね人、大晦、形見、嫁取り狐、夢喰い、秋黴雨、

  •  骨董屋・雨柳堂にもちこまれる怪しいものと、アヤカシがわかる少年・蓮の話。

     6巻って、いつだったっけ?
     て、みたんだけど、わからん。あれれ。どーした、自分。

     ともあれ、も、忘れた頃にでるので前のやつはすっかり忘れてますww
     ま、基本的には一話完結なのでいいんですけどね。

     ともあれ、人の気持ちの切ない部分を、美しく儚く、そして厳しく描いてるのがいいです。
     うん、蓮は巻き込まれるんだけど、決して短絡的に手を貸したりはしないだよね。行動の責任ってものがきちんとわかっているので、一つ考えて動いてるというか、厳しくなってるんだよね。
     もっとも、物腰が柔らかいのでそうは見えないけど。策士だねww

     そーいや、こないだネットラジオで「妖怪ものが流行ると景気が悪い」って言ってたけど、今の妖怪漫画&アニメブームの根底をしっかり支えてきた作品、老舗というか、ハイソな感じがとってもいいのです。

  • 2009年9月27日

    前々から近所の図書館で読んでたんですが、結構面白いですね。

  • やはり波津さんはイイですなぁ〜

  • 全巻文庫はあります。この和の雰囲気がすごくいいです。
    波津彬子さんの漫画はどれも面白い。

  • 朝顔の話しがとても印象的でした

  • 癒されます。主人公はどうしてこんなに美しいんだ・・・。百鬼夜行の律もだけど、すごい好みの黒髪キャラです(どうでもいいですね!)

  • 文庫買いなので、新刊待ってました〜。花嫁暖簾や、雨の日の客の話が好きです。三浦しをんさんの解説も、コミカルながら深いものでとてもよかったです。(2008.08.10読了)

  • おつかいねこかわいいです。

    <16/365>

全10件中 1 - 10件を表示

波津彬子の作品

ツイートする