百鬼夜行抄 11 (ソノラマコミック文庫 い 65-15)

著者 :
  • 朝日新聞出版 (2010年5月7日発売)
4.18
  • (64)
  • (65)
  • (31)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 537
レビュー : 33
  • Amazon.co.jp ・マンガ (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022671936

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本当にもうどんだけ読んでも話の展開が分かりにくい!!全ての話を最低2回は読まないと理解できないのですごく疲れる。理解すると伏線やカタルシスに感心するのだけど、1回目は何が何だか分からなくて苛立つ。絵はともかくもうちょっと構成なんとかならんものか。話自体はとても面白いです。

  • 次の12巻が未だ手に入らないうちに読み終わってしまった……

  • 今回はどれも話が複雑……。
    かつ、あまり本編には関係ない話が多かったかな?
    開さんと律のやりとりが、ちょっと雰囲気変わってきたという印象。
    開さんは律の式神を勝手に使ってどうしたいんだろう。

  • この人の作品は一度読んだだけでは理解不能なのでもう読むのはよそうと思いつつ次の巻を待っている自分。

    狐使いの跡継ぎ
    見返りの桜
    付け馬
    黄金の山
    鼠の糸巻き
    雨戸仙人

  • 収録作品:「狐使いの跡継ぎ」「見返りの桜」「付け馬」「黄金の山」「鼠の糸巻き」「雨戸仙人」

    本棚にないなーと思ったら、買ってなかった。いつでてたんだ?!

    他の巻より少し薄いけど、内容が濃い。
    それにしても、話が長くなってきたせいか
    おじいちゃんの昔の話はとびとびで忘れちゃうね・・・

    開と律の喧嘩が、兄弟げんかみたいな、親子げんかみたいな
    そんな身内のけんかっぽさがでてていいと思う。

    「黄金の山」が一番好きかな。

  •  本当に遅筆になってしまった。現在まで11巻。最初の頃はkそこそこのスピードだったが、最近は年1、かもっとあくな。
     青嵐はどうなるのだろう。開は?司ちゃんは?晶は?
     そして、律は?まだ一個も解決できていないよ~。10年以上たつのに…。

  • 「ガラスの仮面」の続きもそろそろ文庫になってるかいな?とググッていて、こちらも出ていたことに気づきました。
    主要人物は別として、だんだん登場人物がどっちの側の者なのかがややこしくなってきますなぁ。(^^;)
    え?え?どゆこと??と戻りつ、再読しつつ、楽しんでおります。

  • 亡き祖父から不思議な力を受け継いだ飯島律と妖魔との出会いが織り成す不思議絵巻。
    収録作品は「狐使いの跡継ぎ」「見返りの桜」「付け馬」「黄金の山」「鼠の糸巻き」「雨戸仙人」の6編。
    カバーイラストは描き下ろし。

  • 定期的に読み(視)たくなる作風と画。線の細さが美しい

  • 待ちに待った文庫本。どの話も面白い。

全33件中 1 - 10件を表示

百鬼夜行抄 11 (ソノラマコミック文庫 い 65-15)のその他の作品

百鬼夜行抄 (11) コミック 百鬼夜行抄 (11) 今市子

今市子の作品

百鬼夜行抄 11 (ソノラマコミック文庫 い 65-15)を本棚に登録しているひと

ツイートする