魔女は月曜日に嘘をつく2 (朝日エアロ文庫)

著者 :
制作 : 清原 紘 
  • 朝日新聞出版
3.36
  • (1)
  • (7)
  • (13)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 64
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022683120

作品紹介・あらすじ

【文学/日本文学小説】北海道のハーブ園に住む自称魔女の卯月杠葉は、他人の感情と嘘を見抜く力を持っている。彼女の下で働く俺は、訪れるお客の抱える悩みを解くことになり……。「櫻子さん」シリーズ著者のキャラミステリー。今回も北国の美味と謎があふれています。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いろいろと挫折した結果訪れた北海道で、ハーブ農家の手伝いをしている男性のお話。経過としては挫折が入るけど、今ここにあるのは、決して「失敗」ではないなあ。太田紫織さんはいくつか作品を出されていますが、「櫻子さん」とこのシリーズが一番好きです。魔女さんの頑なさと、それでもな魅力、彼女にひきよせられるひとびとが楽しく読めます。

  • 怒りっぽくて「!」を連発する杠葉に疲れ掛けるけれど、気付けば彼女に引き込まれている。経営についてぶつかり合うふたりがリアルで胸に迫った。道理のある犬居ががつがつ来ていて、出資者の陰に閉じ籠もる頑なな杠葉に共感しそうになる。彼女が無理なくほぐれていったら良いな。お料理や栗のパイも美味しそうだった。

  • ハロウィンイベント高校生の恋、杠葉さんの刺繍師匠家庭問題、フクロウの丘経営問題・犬居君東京に帰る。杠葉さんの魔女の謎とフクロウの丘経営の状態が明らかになった今作。心配だからとはいえ、他人で経営に関係しない犬居君が口が過ぎた。でも今の状況が健全な状態と言えないのもまたしかり。厳原教授はなぜこんなにも杠葉さんの面倒を見るのか?犬居君のカフェはオープンできるのか。

  • 2作目
    江別ハーブ園の秋

  • 続きがさらに気になる…
    3巻も楽しみ♪

  • ホント冬場はどうするんでしょう。第3巻が待ち遠しい。

  • 読書と読書との合間に気分転換として読むのに適しているシリーズだと思う。

    北海道、ハーブ園とか日常触れることのない世界を垣間見られるし、読後感も悪くない。
    逆に言えば激しい展開はあまりないのだが、それらは櫻子さんシリーズで堪能するという使い分けなんだと思う。

  • シリーズ第2弾。
    日常ミステリを魔女である杠葉が解いていく一方で、犬居の思いも描かれつつある。
    フクロウの丘の支援だったり、少しずつ隠されていた部分が描かれつつあって、少しずつ杠葉が犬居へ気持ちを開きつつあるのかな...。
    ハーブティだったり、お菓子だったり、おいしそうな食べ物がたくさん出てくる。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

小説投稿サイト「エブリスタ」で作品を発表。2012年、「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」で、E★エブリスタ電子書籍大賞ミステリー部門(角川書店)優秀賞、怪盗ロワイヤル小説大賞優秀賞、E★エブリスタ×『カルテット』小説コンテスト大賞の受賞歴がある。

「2018年 『櫻子さんの足下には死体が埋まっている キムンカムイの花嫁』 で使われていた紹介文から引用しています。」

魔女は月曜日に嘘をつく2 (朝日エアロ文庫)のその他の作品

太田紫織の作品

ツイートする