百鬼夜行抄 14 (朝日コミック文庫)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.89
  • (19)
  • (53)
  • (26)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 339
レビュー : 31
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022690555

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 若水取り
    春の角
    亡者の書
    またいつか必ず
    森の番人
    招かなかった客

  • 面白かった。

  • おばあちゃんメインの巻。

    A5判単行本に収録されていたあとがきマンガ22巻分が巻末に収められてます。
    今市子先生って、私の中では仕事をスマートにこなすデキる漫画家ってイメージだったので、大分印象が変わりましたね;

  • 開さんだよね?明日にでも15巻ほしい

  • 開さんはどうやら青嵐が隠している!?
    伶さんと八重子さんはようやく結婚にいたりました。

    巻末に特別収録された作者のエッセイ漫画に出てくる大学時代のエピソードが限りなく母校を連想させるなーと思い、wikiで見てみたらホントに大学の先輩でした。
    びっくり。
    母校の漫研がそんなに由緒あるクラブだったとは。

  • おばあちゃんと、おじいちゃんの、昔のやりとりがおもしろいけど・・・・
    相変わらず、話も絵もわかりにくい
    あの白無垢は、なんだったの???
    おまけの「夜行する○○○」おもしろかった~~
    こうゆう付録物は、とってもうれしい

  • 2015.2.7再読

    八重子さんと怜さんの結婚
    やっと…長かった

    ・若水取り
    たまには正月に和服で…作ります
    ・春の角
    尾崎母子の話
    お母さんはどこまで気づいてるのか…
    ・亡者の書
    お久しぶりの赤間
    ・またいつか必ず
    久しぶりの石田三郎の箱庭
    ・森の番人
    封印の雑木林がホームセンターに⁉
    ・招かなかった客
    おばあちゃん倒れる。
    八重子の嫁入
    …やばい泣く

    今巻には 単行本のあとがきマンガが入ってます。

  • おじいちゃんとおばあちゃんの昔の話は以前から好きです。

  • 巻末の後書きマンガ収録が嬉しい。
    読んでいてあれは一体?ということがたびたびあったけど、?でいいんだってわかったw

    おばあちゃん中心で展開して行く様になってきた中で、とうとう律と青嵐の関係がほぼ対立関係になってしまって。もう二人の関係は戻らないのか?

  •  祖父と祖母の結婚話に萌えた。
     いやあ、よかった。
     妖に対して敏感すぎる祖父と、まったく感じない祖母と、そのバランスがよかったんだろうな。と、同時にそんな祖母の逞しさというか生命力にひかれてんだろう、祖父。

     で、本筋(?)は、結局のところ開おじさんはどこに?ってところに集約されている。
     まぁ、こうなってくると律では役不足という感じがいなめない。って、律はそのほわっとしたところが魅力なのでこれでいいんだけど。
     うん。妖が見えるという設定としては「夏目友人帳」と同じだけど、夏目が幼少期の家庭環境が恵まれなかったのに対して、律は祖父をはじめとした家族にかっちり守られてきたからな。ようするにそこが徹底的な差になっているのだろう。
     とはいえ、律も守られているばかりの存在ではなくなりつつあって…。
     きっと、その立場を根本的に変えていくのが、開の存在なのだろう。

     てか、そろそろ開おじさん復帰させてください。
     素敵おじさま、成分が足りないよぉ!

全31件中 1 - 10件を表示

百鬼夜行抄 14 (朝日コミック文庫)のその他の作品

百鬼夜行抄 14 (朝日コミック文庫) オンデマンド (ペーパーバック) 百鬼夜行抄 14 (朝日コミック文庫) 今市子

今市子の作品

百鬼夜行抄 14 (朝日コミック文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする