「そうだ、村上さんに聞いてみよう」と世間の人々が村上春樹にとりあえずぶっつける282の大疑問に果たして村上さんはちゃんと答えられるのか? (Asahi original (66号))

著者 : 村上春樹
  • 朝日新聞社 (2000年8月発売)
3.57
  • (96)
  • (120)
  • (288)
  • (11)
  • (2)
  • 本棚登録 :1116
  • レビュー :87
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022721372

「そうだ、村上さんに聞いてみよう」と世間の人々が村上春樹にとりあえずぶっつける282の大疑問に果たして村上さんはちゃんと答えられるのか? (Asahi original (66号))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 男と女が食事に行って、2回目で何もなければ、次はない みたいなことが書いてあった。
    あえて理由は述べませんが 
    とのこと。
    まじか。理由を述べてください。2回目すらあった記憶ないけれど。

  • すばらしい小説家だと思うけれど、作品はあまり好みではない村上春樹。
    小説以外のものを読むのは「村上ラヂオ」以来となります。
    この本はHPに寄せられた一般人からの質問に、村上氏が答えていくQ&A集。
    シリアスなものから頓狂なものまで、寄せられたいろいろな質問の一つ一つに、時にはきちんと、ときにはユーモアの煙に巻きながら答えていく彼の解答がとても面白く、じっくりと時間をかけて読みました。

    これまで謎だらけだった村上氏でしたが、きちんと普通の感覚を持っている、シャイで面白い人だとわかって、親しみを感じます。
    日々の生活や自己作品のポリシーなどにも触れられており、広い意味で社会について深く考えている人だと思いました。
    作品のような物哀しい雰囲気を漂わせた人かと思っていましたが、健康的でおもしろい人でした。

    私が抵抗感を覚える彼の作品の性的描写について、自分の考えを誠実に説明してくれており、それに(なるほど)と理解できたのが、大きな収穫でした。

    彼くらいのレベルの作家になったら、こわいものは何もなさそうに思えますが、かつて銀行に住宅ローンを断られたことがあると知って、(あんなビッグネームの人でも?)と驚きました。

    また、絶妙な言葉の使い方ができる人なので、言葉遊びが好きなのも分かりますが、文章の途中に「だいじょうぶマイ・フレンド」と書いてあった時には、あまりの久しぶり感にのけぞりました。

    村上つながりで、龍氏と仲がいいとは知りませんでした。
    全然違うタイプの作家だと思っていたので。
    NHKの集金の人に嫌な目に遭った経験が書かれており、これが『IQ84』の主人公の父親に反映されたのかと考えました。

    読めば読むほど謎が深まる彼の作品ですが、作家は至極健全な日々を送っている人と分かって、少しもやが晴れた気がします。
    今は「村上朝日堂」のHPはもう掲載期間が終了したそうで、残念。
    今度、未読の『アンダーグラウンド』『ねじまき鳥』なども読んでみようと思います。

  • 久しぶりに読み返した。
    実に多種多様な質問が掲載されていて、おもしろかった。
    村上さんの回答に納得したり、ごくまれにちょっとだけ異論があったり、ははは、と笑いながら読ませてもらった。
    やはり、魅力的な人物だな、と感じた。

  • HP「村上朝日堂」でやってたメールのやりとりの質問だけを集めた本。元ネタすべてが見たい方は「夢のサーフシティ」と「スメルジャコフ対織田信長家臣団」のCDROMに載ってます。
    いちいちCDで見るのめんどくさい方に。水丸画伯のイノセントな絵も載ってるのもいいです。

  • すげ〜

  • タイトルが長いが(笑)、本の本質をついている。
    ホームページに寄せられた質問と、回答をまとめたもの。

    力の抜けた、ユーモアのある回答で、面白かった。
    こんなにもたくさんのやりとりを、ファンと作家が、直接していたことが、うらやましい。
    http://koroppy.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/282-2e33.html

  • 【No.15】「人間というのは進歩することはできるけど、どれだけ頑張っても自分以外のものにはなれない」「僕はわりに極端な性格なので、やらないものは徹底的にやらないし、やるものはかなり集中して凝ってやる傾向がある」「普段から結構一人でいるのが好きなので、独りで気楽に色々やるのに慣れすぎて、人に合わせられないのかなぁとも思う」「”おじさん化””おばさん化”は一般的に言って、やはり日常的に目に見えないところに手を抜くところからずるずると忍び寄ってくる」「少しでもいいから、どんな些細なことでもいいから、日々の生活の中で自分にとって”自由なるもの”を確保する」「僕はやりたいことがわりにはっきりしているので、あれもやろうこれもやろうと日々けっこう忙しい」「毎日規則正しい性格を送って運動している→意志が強いのではなく、自分に合ったことを自然にしているだけ。だから人生においていちばん大事なのは、何が自分に合っているかをうまく見つけ出すこと」「自分のペースをつかんで、捨てるべきところは捨てて、無理をせずに生きていくーというのが人生の達人」「じっくり自分を鍛えて、精神的な資産を自分の中に積み上げておくことが大事」

  • すごく面白いです。いろいろな悩みに対する答えは、一見いいかげんそうにみえて、実は真剣にこたえています。センスがある回答集。

  • 村上さんは、誠実に文章を書く人だと思う。

  • 村上さんの言葉使い、ほんまに素敵。
    あくまでも人を不快にさせない。
    そして、くすっと笑わせてくれる。
    尊敬、というより、参りました!という感じ。

    彼への質問に、不倫やエロい内容のが多いのは。。。
    しょせん、みんな悩むのはそこ?
    と、ちょっと飛ばしてしまったけど。

全87件中 1 - 10件を表示

村上春樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

「そうだ、村上さんに聞いてみよう」と世間の人々が村上春樹にとりあえずぶっつける282の大疑問に果たして村上さんはちゃんと答えられるのか? (Asahi original (66号))はこんな本です

「そうだ、村上さんに聞いてみよう」と世間の人々が村上春樹にとりあえずぶっつける282の大疑問に果たして村上さんはちゃんと答えられるのか? (Asahi original (66号))を本棚に登録しているひと

ツイートする