みんなが好きな落語家 いまライブで聴ける (アサヒオリジナル)

制作 : 朝日新聞出版 
  • 朝日新聞出版
4.13
  • (4)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :20
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (95ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022724380

作品紹介・あらすじ

【生活/娯楽】インターネットおよび全国の大学の落研へのアンケートで、江戸・上方それぞれのトップ20に上がった落語家について、略歴と初心者が聞くべき演目、それが聴けるCDやラジオなどをまとめた最新の落語家名鑑。春風亭小朝、六代桂文枝などへのインタビューも収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 改めて見ると、この世界、よく知らない。話のうまいタレントにしか思えない人たちが、実は落語という技術を受け継いで、自分なりに昇華させているスペシヤリストだということ。

  • 落語を少しかじった程度の自分にはちょうどいいレベルの本。
    江戸落語と上方落語の割かれているページ数が
    同じくらいなのが良かった。

    自分の好きな落語家は、
    柳家小三治、立川談春、柳家喬太郎、春風亭一之輔。
    小朝さんはプロデューサーのイメージ。
    上方だと桂文珍。
    上方落語は桂枝雀さんのイメージが強い。桂米朝も好きだな。

    林家正蔵も「子は鎹」のような人情噺は上手い。
    キャラクターのせいか評判は芳しくないが、
    もっと評価されてもいい落語家だと思っている。

    江戸落語と上方落語は成り立ちから違うそうだ。
    どちらも二百何十年前に発祥したらしいが、
    上方が「大道芸」が出発点。
    「聴いてらっしゃい!」といった呼び込みのために
    面白い噺をして、三味線などを入れて賑やかにしていた。
    だから現在の上方落語も噺の中に音楽が入るものが多い。

    一方、江戸落語は戯作者の作った洒落文学から始まった。
    その作者や仲間が料理屋のようなところに集まって聞かせていた。
    つまり同人の催しから出発している。
    そんな文学的なところから入っているので、
    江戸は人情噺や怪談噺が発達した。

    上方は2006年に定席の天満天神繁昌亭が出来たのが大きい。
    小屋から次世代を担う落語家はまだ現れていないか。
    上方は江戸のような「真打」という制度自体がないので、
    代替わりが難しいというのもあるだろうな。

  • 僕が担当したのは、昇太、歌丸、志らく、仁鶴、鶴光。中でも鶴光師匠はオールナイトも聞いてたし、母親の店の常連だったし、ワニの豆本のかやくごはんも集めてたし、書けること山ほどあったけど、字数の関係でとにかく削る作業。ちと悔しかった。

  • 読了日20130915 さん喬師匠が入ってなかった…。

  • 手軽に読める落語家ガイド。落語ファンと大学の落研に訊いた好きな落語家ランキングトップ10は、志の輔、小朝、小三治、昇太、圓楽、談春、歌丸、志らく、喬太郎、小遊三。小朝と芸協はカバー力が薄い自分としては市馬や菊之丞や一之輔がもうちょっと上だったらよかったかな。さん喬とか権太楼とか、果ては最長老の圓歌に至るまで、まだまだ聴くべき師匠は沢山いるのだけど。

全5件中 1 - 5件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする