【手塚治虫文化賞20周年記念MOOK】マンガのDNA ―マンガの神様の意思を継ぐ者たち― (ASAHI ORIGINAL)

  • 朝日新聞出版
4.11
  • (4)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 59
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022724885

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 過去の手塚治虫文化賞を受賞した方々の来歴、紹介をしたMOOK。さすがに豪華なメンバー達。

    記念して、マンガを投稿している人たちも多数。

    山岸涼子がデビュー前に手塚に原稿を見てもらう話(大和和紀と仲良かったんだ!)。大御所のみずみずしい時代状況になんだかお宝発見した得した気分に。

    山科けいすけの火の鳥鳳凰編のパロディー。久しぶりに漫画読んで、声をあげて笑った。20年ぶりくらいに山科けいすけの漫画を読んだが、すごい人だったんだなと改めて敬服。

    今日マチ子は、火の鳥のSF方面の雰囲気を存分に再現。
    小学校の時に読んだ火の鳥のわくわく感を思い出した。

  • これまでそんなに手塚治虫文化賞そのものに興味を持った事はなかったんですけど、表紙に列挙された受賞者の錚々たる顔ぶれに惹かれて購入。
    ものすごい情報量でしたが、舐めるように読破しました。

    受賞作品・作者の解説や充実のインタビュー記事、そして何より各先生の描き下ろし漫画が素晴らしすぎ……!
    岩明均先生のBJ超かっこいいです。『聖☆おにいさん』の番外編も面白かったし石川雅之先生の和登さんめっちゃかわいいし……(ってこの調子だと全作品列挙することになりそうなので止めますが)。

    表現のひとつとして、まだまだとてつもない可能性を秘めているマンガ。すごいなあ、深いなあ、つーか単純に面白いなあ……と何だかしみじみしてしまいました。

    私はこのムックがきっかけで市川春子先生の『宝石の国』を読み始めました。面白い!

  • 2017/04/02購入・12/16読了。

    最初は読むのが苦痛だったが、様々なジャンルの漫画家について知ることが出来て面白かった。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

佐賀県出身。2003年、第23回MANGAグランプリにて読切『覇と仙』が奨励賞受賞。2006年、週刊「ヤングジャンプ」9号から『キングダム』を連載開始。2012年にはNHKでTVアニメ化、2013年には第17回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞した。デビュー前の職業はシステムエンジニア。

「2018年 『武器を磨け』 で使われていた紹介文から引用しています。」

原泰久の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする