地方銀行消滅 (朝日新書)

著者 :
  • 朝日新聞出版
2.50
  • (0)
  • (0)
  • (9)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 66
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022730961

作品紹介・あらすじ

【社会科学/経営】全国の地方銀行が人口減少による経営先細りに苦しみ、一斉に統合・再編に走り始めている。10年後には計105行が28のグループに姿を変えるだろう。「生き残る」地銀は!?  元敏腕バンカーの著者が大胆に予測する。地域別「列島再編チャート」付き。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大胆な予測に興味を持ちました。北陸銀行と北海道銀行の持ち株会社であるほくほくフィナンシャルグループが東北地方の銀行との統合を進めるのではないかという予測は、富山県と北海道の銀行が飛び地で統合しているという不自然な状態を解消するには合理的だと思いました。

  • 2016年現在、地方銀行が64行、第二地方銀行が41行、あわせて105行に大手信用金庫約30庫を加えた140ほどの地域金融機関が、近い将来、銀行統合や合併により「行名」がなくなるだけでなく、組織や行員自体も消えてしまう。地方衰退を齎す人口減少、利ザヤの縮小と貸出先不足、マイナス金利に伴う運用難など、時代の波は確実に地銀等を再編に向けて動かしている。著者は、およそ5年後には20から30のグループに再編・統合されると大胆予測する。評論家からの視点からではなく実務家の提言として、その発言の意味は大きい。躊躇する地銀に大覚醒を促している。

  • 本書後半の再編予想が面白い。

  • このタイミングで改めて2016年の日銀マイナス金利政策読み返したよね。
    私なんか素人なもんだから企業の再編というと、単純に経営の悪化を補うような印象が強いんだけど、純利益と貸出し金の推移をみるとそうではないな、と。再編の要因としてあげられていた日本全体の人口の減少は、は〜そうね〜確かに、って感じだった。
    再編予想については、自分と関係がある地域の動向しか読んでないけど、書かれているのをみると、あああああ〜〜〜〜〜なんか〜〜〜〜あ〜〜〜〜〜はい〜〜〜〜〜って思うこともあり、よくぞここまで調べたなあと思ったわけですわ。あくまで予想だし、鵜呑みにはできないけど、自分が口座もってる金融機関、今だと確定拠出年金の運用なんかでも銀行とお付き合いしている人が多いと思うから興味深かった。

    ただ、再編して強力な金融機関となり今後も生き残ることができるかといえばそうではないと思うし、「当局の思惑」とされていただけど、この動向は巡り巡って一般人の生活する市場経済にも寄与してくるわけで、アンテナは張ってないと自分が損するなあ、と思った次第。

  • 妄想による統合シミュレーション。早くもいくつか外れてるし、第一、3行、4行の統合なんて簡単に進むはずがない!ビジネスモデルの分析もなしに、こことここが残るから、、、なんて、笑える

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

企業アドバイザー。(株)フレイムワーク・マネジメント代表。1957年島根県生まれ。一橋大学、スタンフォード大学ビジネススクール卒業。都銀、外銀での20年にわたる勤務を経て、外資IT企業系ベンチャーキャピタルの日本代表を務める。主な著書に、『地方銀行消滅』『銀行のウラ側』(ともに朝日新書)、『大予想 銀行再編 地銀とメガバンクの明日』『大解剖 日本の銀行―メガバンクから地銀・信金・信組まで』(ともに平凡社新書)、『銀行員という生き方』(宝島社新書)、『銀行員のキミョーな世界』(中公新書ラクレ)など。

「2017年 『三菱東京UFJ・三井住友・みずほ 三大銀行がよくわかる本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

津田倫男の作品

ツイートする