ルノワールは無邪気に微笑む―芸術的発想のすすめ (朝日新書)

著者 :
  • 朝日新聞社
3.53
  • (8)
  • (11)
  • (20)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 100
感想 : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022731074

作品紹介・あらすじ

芸術とは、たとえばオフィスに一輪の花が飾られ、それを見て誰かが美しいと感じるときに生じるコミュニケーションなのです。「人生最大のピンチは?」「子どもの感性を伸ばす方法は?」さらには、「モナリザのどこが偉大なの?」時代の最先端をゆく芸術家の問答集から浮かび上がる芸術の本質とは。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 芸術とは「イマジネーションのコミュニケーション」。つまり、自分の感じたことを何とか相手に伝えようとする行為、また、相手の伝えようとしていることを何とか理解しようとする心の持ち方であるという。そして、こうした芸術的発想こそ、世の中の対立を排し、平和をもたらすのだという筆者の確固たる信念が全編を通して貫かれている。

    ...というか、そうした筆者の信念は、読者との問答を繰り返す中でどんどん深まり、最後の到達点として揺るぎないものになった、とも読める。まさに筆者と“イマジネーションをコミュニケーションしている”ような一冊。

  • ●建築家のフランク・ロイド・ライトが「あなたの代表作はなんですか」と聞かれて、「次に生み出す作品だ」と答えた話はあまりに有名です。代表作ができるんだったらもう既にやっている、しかしそれが作れない、描けない、描けていたとしても、それに気づくことができないと言う気持ちは皆持っているのではないでしょうか。
    ●デッサンをするときには、自然に目に入ってきた順に書く。心惹かれた描きたいものを順に書く。そしてその順を最後まで崩さないこと。これが基本です。この順番がそのまま見る方に伝わらなくては、一体何が書きたかったのか分からなくなります。
    ●日本画家や書家が長生きと言うのはわかるような気がします。それは自然のリズムとともに生活せざるを得ないからです。
    ●天然群青と金色。
    ●日本画オタクの皆さんによって日本画のイメージを作られています。芸術と言われるものは全てに対して開かれているもの、と言う大前提があったはずです。同好の士だけを最初から相手にするのではなく、わからない人に向けて開かれているコミニケーションが芸術です。
    ●たとえどんなに孤独感を味わっても、「芸術は1人でやるもの」と言うことです。群れてはいけないのです。
    ●芸術とは「俺の叫びを聞いてくれ」と言うことだと前にもお話ししました。芸術の才能とは相手を説得すると言う事と言う一面もあるわけです。芸術家で飢えて死んだ人は私の知る限りほとんどいません。
    ●グレーに対する日本人のセンス。24通りに分かれている。青は37通り。紺碧、空色、紺青、藍色〜。欧米では10通り程度か。紫も27通り。
    ●芸術は、それを芸術だと思う人に対して、芸術として存在する。
    ●サン・マルコ寺院の受胎告知という壁画を人類史上の最高傑作と考えています。

  •  ルノワールという言葉にひかれて買ってしまったのですが、この本の95%以上はルノワールと関係ありません(^^;。千住博の芸術論とか、千住博の何でもQ&Aというようなタイトルの方がぴったり来ると思います。もっとも、そんなタイトルだったら買わなかったでしょう。

     この本を読んで、芸術的発想を垣間見ることができましたが、公務員的人生の私には、あまり役に立たないかも。でも、千住さんのルノワール論は参考になりました。

     そもそも、千住家は3兄弟だったのですね。私は弟と妹しか知りませんでしたよ。それと、どうでもいいことなのですが、後ろのところを見ると、2006年10月30日第1刷発行と書いてあるのを発見してしまいました。まだ今日は27日で、この本を買ったのは1週間以上も前なのに…。出版界って面白いですね。

  • 面白いけど普通。

  • 質問に対して回答する という形式であるが・・
    質問が結構切り口がいい。
    ただ、表題のつけ方には、センスがよくない・・

    それに熱く答えているのが・・印象的だった。
    読んだあと・・なにかひどく落ち込んだ。
    その落ち込み方が、なんともいえずわびしかった・・

    『うまくいかないのが人生です。
     私は作品がうまくいかないとき、
    「これが本当の実力だ」と感じます。』p82

    自分の実力って何?
    ということをかなり自問せざるを得なかった・・

    『私は何かをやろうとして上手くいかないときには、
     やりたいということに問題があるのではなく、
     その舞台の設定にこそ問題がある』p88
    という・・・

    今の私の舞台の設定は?

    この二つの質問が大きく私を揺さぶった。

    千住さんが タイムマシンに乗って
    どこへでもいけるとしたら・・いつの時代に行くか?
    と質問されて・・

    勉強のためならば・・・
    長谷川等伯、狩野永徳のいる桃山時代へいく
    と答えていた。

    私がタイムマシンがあったとしたら、
    やはり、自分の若いころや
    沖縄にいたころや ・・・
    いろんな節目のときに会いたい。

    実は、自分と対話したい・・
    今の自分とそしてそのときの自分が、
    いったいどんな会話をするのか?

    無口のまま何もいえないのか・・
    やはり、変わったやつだと見るのか・・

  • タイトルはミスマッチかも。
    内容は、新聞の読者から質問を募り、それに千住さんが答えるというもの。
    この答えが冴えている。冒頭の「絶体絶命」のエピソードは鬼気迫っている。それ以外も、なるほどとうならせるエピソード満載だ。
    特に最後のルノワール絵画の解釈は、とても斬新で、唸らされた。

  •  飛び立ったら、飛び続けることです。そしてできれば少しずつ、もっと高く、高くと。
    (P.50)

     それは笑顔のための笑顔なのだ、と私は考えるに至ったのです。
     笑顔だけを伝えなくてはならないと感じるくらい、世の中にはそれが足りないと、ルノワールは考えていた。人々は「笑顔」を何より必要としていると、彼は感じていた。
    (P.243)

  • [ 内容 ]
    芸術とは、たとえばオフィスに一輪の花が飾られ、それを見て誰かが美しいと感じるときに生じるコミュニケーションなのです。
    「人生最大のピンチは?」
    「子どもの感性を伸ばす方法は?」
    さらには、「モナリザのどこが偉大なの?」
    時代の最先端をゆく芸術家の問答集から浮かび上がる芸術の本質とは。

    [ 目次 ]
    第1章 制作のこころ
    第2章 教育のこころ
    第3章 暮らしのこころ
    第4章 経済のこころ
    第5章 日本のこころ
    第6章 芸術のこころ

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 日本画家、千住博氏の著書。才気ばしった人なだけに、天才然とした文章を書く人かと思ったけれど、本を読んでみて、おもしろく思慮に富んだ人だという感想を持った。
    一般の人との質問に答える形で項目が作られており、わかりやすい。
    芸術家でも人と同じ感覚を持つところは多いんだなと、なんだか安心したけれど、やはり芸術への視点はとても鋭い。

    ルノワールに関しては、こう言い切っている。
    ― 美しい婦人が、何ら裏に隠された意味も心の駆引きもなく、ドラマの前も後もなくただただ笑っている。
    眼に見える図像的情報以外何も伝えないようにしている。
    笑顔のためだけの笑顔。それが必要な世の中だったから。―

    無意味な笑顔だという表現は衝撃的だったけれど、笑顔そのものが求められていた時代だったからという論には納得がいった。
    芸術家にありがちな上から目線ではなく、同じ視点に立った著者の立ち位置によって、読みやすい本となっている。

  • 千住博の本。

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1958年東京都生まれ。82年東京藝術大学美術学部卒業。87年東京藝術大学大学院博士課程修了。ヴェネツィア・ビエンナーレで東洋人初の名誉賞受賞。大徳寺聚光院の襖絵、羽田空港第二ターミナルの壁画、APEC JAPAN2010の会場構成など。革新的な日本画が国際的な評価を得ている。

「2015年 『千住博全版画カタログレゾネ1988-2015』 で使われていた紹介文から引用しています。」

千住博の作品

ツイートする
×