日中2000年の不理解―異なる文化「基層」を探る (朝日新書)

著者 :
制作 : 王 敏 
  • 朝日新聞社
3.28
  • (1)
  • (5)
  • (10)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 51
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022731081

作品紹介・あらすじ

近いようで遠い日本と中国の文化の隔たりが思わぬ摩擦を生む。日中の行き違いを九尾狐の伝承、新美南吉や宮沢賢治の童話、日本の裸祭りの風習など豊富な事例から描く。えっ!そうだったんだ。こんなことに中国人は反応するのか。驚きの日本文化論、登場。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 中国人から見た日本・日本人感を綴った一冊。

    散文調でとりとめもない感じで綴られているので、論文と言うよりエッセイを読んでる感じ。

  • 感想未記入

  • [ 内容 ]
    近いようで遠い日本と中国の文化の隔たりが思わぬ摩擦を生む。
    日中の行き違いを九尾狐の伝承、新美南吉や宮沢賢治の童話、日本の裸祭りの風習など豊富な事例から描く。
    えっ!
    そうだったんだ。
    こんなことに中国人は反応するのか。
    驚きの日本文化論、登場。

    [ 目次 ]
    第1章 動物を慈しむ文化
    第2章 動物観の違いが文化にも
    第3章 裸の付き合いをする文化
    第4章 「水に流す」文化
    第5章 儒教体系に支えられてきた文化
    第6章 「正義」を求める文化と「自然」を求める文化
    第7章 日本人のアイデンティティー
    終章 2000年の不理解をひもとく試み―日中異文化の視点で

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 中国、韓国、日本
    この3つの国を比較した時に、
    日本は明らかに違うと感じていて、その原因の一端として「儒教文化」がある。
    ということまでは私も考えたことがあるのだけれど、
    ここまで分析されていると、すっきりする。
    今まで感じてきた中国や韓国のもつ「激しさ」の根源を見た気がした。
    いくら日本人が一生懸命分析しても出てこなかった
    ヒントが、中国人の著者によってあらわにされたというような
    そういう感覚。

    禊や、裸のこと、そして辞世の句。
    さまざまな日本独特の問題や、日中比較可能なものをとりあげて、深く掘り下げていく。
    やはり自分は日本人だと思うのは、
    「この感覚は中国人には理解されないものなのか!」
    ということに思いが至った時。

    とても面白い。

  • 非常に面白い日中文化比較論。<br />中国人の書いたものは今まであまりなかったように思える。新鮮。<br />著者の日本を理解しようと言う熱意がものすごく伝わってくる。<br />日本と比較した中国の思考体系はものすごく異質に思えて、非常に興味深かった。<br />以下列挙。<br /><br />・日本は人間より動物の写真が大きい<br />・孔子は厩が焼けた時に人は心配したが、馬のことは触れなかった。<br />・人間上位という点でキリスト教と儒教は一致している<br />・中国の動物物語はほぼ寓話<br />・一般的に中国では本と言えば倫理・道徳のテーマははずせないと言う考え方が強い。<br />・日本には生き物や者を供養する塚がたくさんある<br />・ケンタッキー日本支社でも鶏の供養をしている。<br />・中国で今ペットブームだが、それは裕福の象徴として、ステータスとしての意味が強く、経済復興期の日本における車と同種のもの。<br />・「黒い猫も白い猫もねずみを取る猫はよい猫だ」というように、中国は人間社会に役立つかどうかと言う観点<br />・災害大国日本。天気も移ろいやすい。<br />・天気のニュースをこんなにやるのは日本くらいだし、挨拶代わりに天気を話題にするのも象徴的<br />・人間上位の考えには、牧畜・放牧の影響が強い。数万の家畜を一人で管理するところから。<br />・裸の付き合い、日本は裸踊りの国(アマテラスを岩戸から出した)で、裸に抵抗がない<br />・日本は昔混浴が一般的だった。<br />・キリスト教社会はアダムとイヴの影響か、裸を嫌がる<br />・儒教社会では、衣冠は政治・思想・文化・教育のシンボルのため、非常にこだわりを持っているため裸は嫌う<br />・浴槽に肩までつかるという日本の風呂スタイルは世界無比<br />・中国で言う美とは、勇壮なものを指し、大規模なだけ良いという人工美である。一方日本美はこぎれいさを基本とし、「縮み」志向であり、いわば自然との融合の美である。<br />・儒教的考えではいかなる脅迫にあおうと、敵に組することは不義となる。大義を重視し、例外を認めない。<br />・シンカイ像には「唾を吐き掛けないでください」という立て札がある<br />・中国人は美術作品の評価に関しても理念を求める。<br />・儒教は正統を重視する考えで、日本の判官贔屓とは逆<br />・歴史上の人物の見直しは日本ではよくあるが、儒教中心の考えが体質化した中国ではほとんどない。<br />・儒教は漢民族の生活から生まれた自然な考えが基本。<br />・中国で論語のない家はほとんどない<br />・古層と宗教の二層構造を主張<br /><br /> 日本 中国<br />宗教 仏教 道教<br />古層 神道 儒教<br /><br />・儒教外交が出来なくなった日本(過去は儒学者を外交担当においた<br />・殺した敵を供養すると言うのは中国人には不可解<br />・日本の思想ってのは衣装のように「取り替えれば済む」もの<br />・日本では感性が理性に先行<br />・不老不死に日本人があまり執着しないのは、無常観から来る死生観のため。<br />・「国破れて山河あり」の漢詩は中国ではドマイナー

  • 日本暮らしの長い中国人による日中文化比較。 詳しい読後記は<a href="http://www.rockfield.net/kanbun/weblog/archives/2006/10/2000.html">こっち</a>に書いてあります。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1954年中国・河北省承徳市生まれ。大連外国語大学日本語学部卒業、四川外国語学院大学院修了。宮沢賢治研究から日本研究へ、日中の比較文化研究から東アジアにおける文化関係の研究に進む。人文科学博士(お茶の水女子大学)。法政大学教授、上海同済大学客員教授。早稲田大学や関西大学などの客員教授を歴任。「文化外交を推進する総理懇談会」や「国際文化交流推進会議有識者会合」など委員も経験。現在、日本ペンクラブ国際委員、かめのり財団理事、朝日新聞アジアフェロー世話人など。
90年に中国優秀翻訳賞、92年に山崎賞、97年に岩手日報文学賞賢治賞を受賞。2009年に文化庁長官表彰。
主著:『日本と中国 相互誤解の構造』(中公新書)、『日中2000年の不理解─異なる文化「基層」を探る』(朝日新書)、『謝々! 宮沢賢治』(朝日文庫)、『宮沢賢治、中国に翔る想い』(岩波書店)、『宮沢賢治と中国』(国際言語文化振興財団)、『日中比較・生活文化考』(原人舎)、『中国人の愛国心─日本人とは違う5つの思考回路』(PHP新書)、『ほんとうは日本に憧れる中国人─「反日感情」の深層分析』(PHP新書)、『花が語る中国の心』(中公新書)など。
共著:『<意>の文化と<情>の文化』(中公叢書)、『君子の交わり 小人の交わり』(中公新書)、『中国シンボル・イメージ図典』(東京堂出版)、『中国人の日本観』(三和書籍)、『日中文化の交差点』(三和書籍)など。
要訳:『西遊記』、『三国志』、『紅楼夢』など
中国語作品:『生活中的日本─解読中日文化之差異』、『宮沢賢治傑作選』、『宮沢賢治童話選』、『異文化理解』など多数。

「2015年 『周恩来たちの日本留学 百年後の考察』 で使われていた紹介文から引用しています。」

日中2000年の不理解―異なる文化「基層」を探る (朝日新書)のその他の作品

王敏の作品

ツイートする