早実vs.駒大苫小牧 (朝日新書)

  • 朝日新聞社
3.63
  • (13)
  • (16)
  • (33)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 109
レビュー : 29
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022731166

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 決勝戦二試合の裏側を両校の視点からそれぞれ追っている。ハンカチブーム便乗本の一冊としてこれまで敬遠していたが、取材がきっちりなされている分、読み物として面白く、試合に関心を持った人には充分な内容だった。共著ゆえか構成は若干あちこち飛んでいる印象。駒苫側の記述は、著者の他作品『勝ち過ぎた監督』と相当重複しており、そちらを先に読んだ場合は読み飛ばす箇所が多くなり残念。

  • あの激闘の裏にある出来事が知れてよかった。
    あの裏には、色んなことがあって、両校ともあの舞台に立てたんだなと思った。

    あの早実対苫小牧に感動した人なら、必見。

  • 北海道に生まれ育った自分にとって甲子園で最も特別な、そして高校野球史でこれからも末長く語り継がれるあの試合について、両校の視点から描いたルポである。2名のライターによって交互に書かれているというのも興味深い。

    あの2試合の主役は、両校のエースであった事は間違いないと思う。フォーム改造の手応えを掴んだ斉藤と、不運にも大会直前に体調を崩してしまった田中、この差が二人の明暗を分けてしまったのだろう。もし二人とも万全の体調だったら、などと少し考えたが勝負事にタラレバを言ったらキリがない。

    今シーズンは対照的に、無傷の24連勝という輝かしい成績を収めた田中。そしてもう一人のエース斉藤は、一軍昇格の手掛かりさえ掴めずに苦しんでいる。日本中が注目するこの二人の勝負には、劇的な結末が待っているような気がしてならない。

  • 歴史的試合の舞台裏!
    自分達で考える野球で優勝したは早実は偉大。高校野球は日本で誇るべきもの。

  • 本格的なスポーツノンフィクションなのに、気楽に、一気に楽しんで読めるがいい。

  • やっぱり甲子園行くチームはトレーナーとかの力が大きい

  • あの日の感動がよみがえる。綿密な取材と,心が伝わる文章。最高のドラマです。

  • 勝つべくして勝った早稲田実業。王者であり続けたが故に勝ちに貪欲になれなかった駒苫。楽天に指名された時に田中が発した台詞、本当の挑戦者になれると思う。この言葉の持つ重みが読後感に更に増す。そんな一冊。

  • 一球一球の動きの描写に、あの夏の情景が甦ってくる。
    本とは別に酸素カプセルというもので勝負がついたかと思うと悔しくてたまらない。

  • 第一印象は、今までの関連本の中ではひときわ中立であるという事。
    それでも早大により気味な気はしますが、他と比べると中立で嫌味がありませんでした。
    よくここまで取材ができたなぁと思う場面も多く、臨場感があり、一気に読んでしまいました。
    監督の人間臭さや苦悩の様子が、生き生きと書かれています。読んで良かったと思う一冊でした。

全29件中 1 - 10件を表示

中村計の作品

ツイートする