近代化と世間―私が見たヨーロッパと日本 (朝日新書)

著者 : 阿部謹也
  • 朝日新聞社 (2006年12月発売)
3.42
  • (4)
  • (5)
  • (15)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :74
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (198ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022731180

作品紹介・あらすじ

二〇〇六年秋に急逝した歴史家が遺した研究と思索にもとづく、日本人に向けてのメッセージ。専門の西洋中世史の研究を超えて、日本史、日本現代社会論にいたるまで、幅広い分野で健筆をふるってきた著者による、文字通り「最後の」書き下ろし。自らの五十年に及ぶ研究をもとに、古今東西を縦横に論じる。

近代化と世間―私が見たヨーロッパと日本 (朝日新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • まさに「碩学の新書」であるが、阿部謹也をこの本から読むべきではないと思われる。
    彼の「世間」へのアプローチはまさに碩学そのもであり、それを辿らなくては理解の奥行きを広げることもできず本質に迫ることは到底ありえない。

    死期が迫っていたこともあり本書での経験に根差した現状批判は珍しく熱く激しいものであり、遺言のアジテーションのようでもある。

    平易にようでいて事の本質に辿りつけない…「世間」とは一体何なのであろうか?
    面白くとも難しい…主客分離の迷宮に踏み込む楽しさを味わおう。

  • [ 内容 ]
    二〇〇六年秋に急逝した歴史家が遺した研究と思索にもとづく、日本人に向けてのメッセージ。
    専門の西洋中世史の研究を超えて、日本史、日本現代社会論にいたるまで、幅広い分野で健筆をふるってきた著者による、文字通り「最後の」書き下ろし。
    自らの五十年に及ぶ研究をもとに、古今東西を縦横に論じる。

    [ 目次 ]
    第1章 西欧社会の特性
    第2章 日本の「世間」
    第3章 歴史意識の東西
    終章 ヨーロッパと日本

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 「世間とは何か?」の安部謹也の、死ぬ寸前まで書いていた遺作です。彼は、結局行動としての「世間」への対し方は書かなかったように思う。というのも、彼の「行動」は世間に対抗するというよりも大学人の立場でいたのだから、そうしたとしてもひどくはがゆかったに違いない。公演などで出会う人には実践派がいて感心してはいたのだが。
     この本で重要なところは、同じ近代化を西欧に習って成し遂げた日本の場合と見習った相手「西欧」とのそのプロセスの徹底比較であろう。日本はまるまる西欧の近代化を受け入れたわけではなかった。西欧の「それ」が日本に合わない場合や「欠点」などは切り捨てた。その切り捨てられた部分が日本の奇習である「世間」として温存されてしまったのである。その典型例が、かって西欧にも存在した「賤民」の問題である。被差別集団や、賤民はにほんと同じように社会構造的に形成されるしくみは同じだったのである。西欧の近代化はその構造の消滅に成功したが日本は現代まで残っている。日本は構造的に「世間」までもは変えなかったからである。今となってはこういう言説は非常に重要である。一般に日本は差別的傾向が目に見えない形で内向化する傾向にあるが、これも世間というものを非理論的なナ所に置いてしまった結果なのである。

  • 20070818

  • 近代化における日本と西洋の違いについて書かれた本。日本では「世間」という関係がいかに重要であるか書かれている。

全5件中 1 - 5件を表示

近代化と世間―私が見たヨーロッパと日本 (朝日新書)のその他の作品

近代化と世間 (朝日新書) Kindle版 近代化と世間 (朝日新書) 阿部謹也

阿部謹也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

近代化と世間―私が見たヨーロッパと日本 (朝日新書)はこんな本です

近代化と世間―私が見たヨーロッパと日本 (朝日新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする