昭和史の教訓 (朝日新書)

著者 :
  • 朝日新聞社
3.33
  • (2)
  • (7)
  • (12)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 56
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022731289

作品紹介・あらすじ

昭和十年代から教訓を学ばない者は昭和十年代から報復を受ける。昭和二十年の敗戦-日本は310万もの戦死者をだし、中国はじめ東南アジアにも多くの犠牲者を生んだ。そんな血の結晶の教訓を歴史に生かさない手はない。いや、生かさなかったら申し訳ない。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 戦前の日本社会がなぜ太平洋戦争に向かっていったのかを、さまざまな視点から解説した本。

  • 著者の昭和史に関する著作を人間の体になぞらえるのなら、本書は神経に当たる部分か。

    読み物としては読解力を必要とする。

  • [ 内容 ]
    昭和十年代から教訓を学ばない者は昭和十年代から報復を受ける。
    昭和二十年の敗戦―日本は310万もの戦死者をだし、中国はじめ東南アジアにも多くの犠牲者を生んだ。
    そんな血の結晶の教訓を歴史に生かさない手はない。
    いや、生かさなかったら申し訳ない。

    [ 目次 ]
    序章 昭和史を見つめる目
    第1章 昭和十年代を象徴する二・二六事件
    第2章 混迷する農本主義者たちの像
    第3章 主観主義への埋没という時代
    第4章 教訓とすべきことは何か
    第5章 問われている語り継ぐべき姿勢
    終章 歴史への謙虚さとは何か

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • タイトルは昭和史となっているが、昭和10年代の日本社会がどうして戦争に走っていったか、いくつかのターニングポイントを軸に解説している本。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1939(昭和14)年北海道生まれ。現代史研究家、ノンフィクション作家。同志社大学文学部卒。1972年『死なう団事件』で作家デビュー。2004年個人誌『昭和史講座』の刊行により菊池寛賞受賞。2017年『ナショナリズムの昭和』で和辻哲郎文化賞を受賞。近現代史の実証的研究をつづけ、これまで約4000人から証言を得ている。『陸軍省軍務局と日米開戦』『あの戦争は何だったのか』『昭和史の大河を往く』シリーズなど著書多数。

「2018年 『昭和の怪物 七つの謎』 で使われていた紹介文から引用しています。」

昭和史の教訓 (朝日新書)のその他の作品

昭和史の教訓 (朝日新書) Kindle版 昭和史の教訓 (朝日新書) 保阪正康

保阪正康の作品

ツイートする