父と子の中学受験ゲーム (朝日新書)

著者 :
  • 朝日新聞社
3.00
  • (0)
  • (7)
  • (7)
  • (1)
  • (3)
本棚登録 : 47
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022731302

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 長男の中学受験体験記を既に上梓されている
    ようだが、そちらは未読。
    本書は次男さんの体験記。
    とはいえ、長男さんの武蔵、次男さんの世田谷高校という入学後の生活を含めた話はとても参考になる。

    特に武蔵の自由という校風が、よく書かれていた。
    「いじめはないのか?」という問いに対する長男の答えは、「ないんじゃないの、きっと。だって、誰が何してても関係ないもん」。
    個人が徹底的に尊重されている。それは互いに不干渉になるということだと作者は捉えた。

    なるほどなあ。突き詰めるとそうなるんだな。
    そして、その環境でも自己を保てる力をつけることは、人生の中で活きてきそう。
    他者に依存する生き方は選ばない強さと、自由。

    一方、世田谷学園には手厚いサポートという別の側面がある。
    子どもの適正を親がどれくらい理解できるかが、中学校選びのポイントなんだろう。

    麻布の合格を辞退して、神奈川の私学に進学した知り合いがいるが、麻布の自由さを避けたことが理由の一つだった。
    偏差値とかブランドに左右されない強さも親には必要なのかな。

  • 『秘伝 中学入試国語読解法(新潮選書/石原千秋)』⇒good!/土日をテストの見直しの日に当てる/日能研の『理科・社会 メモリーチェック』good!

  • 息子が6年の夏に中学受験をすることに決めて、中学受験については全く知識がなかったのですが、この本のお陰で、受験をシュミレーションできたような気がします
    お父さんの息子さんを思う気持ちがひしひしと感じられました
    話が楽しく、時々涙しながら、あっという間に読みました
    この本を読んで、ゆったりとした気持ちで息子の受験を見守れたと思います
    感謝しています

  • 2010.10.17. 読了。長男の方も探して読みます。

  • ハウスメーカーの営業が自社の家をたてているか。 塾 日能研、四谷大塚、SAPIX 早稲田 早稲田アカデミー 武蔵 シドウ会 桐朋 ena 難関10校 麻布、武蔵、開成、桜陰、女子学院、四谷双葉、駒場東邦、桐朋、フェリス、慶応普通 中学受験は大人としての基礎知識を学んでいる 自調自考 武蔵の建学の精神

  • ちょっと前に読んだ、<a href="http://booklog.jp/users/Y100/archives/4054034616">「名門中学 最高の授業」</a>は、あまり実益がなかったが、これはかなり実用的。特に前半はお勧めだ。著者は有名なバラエティ番組を傑出している放送作家で、フランクな筆致は一気に読み下せる。もっと格調高い受験指南書はあるかも知れないが、忙しいお父さんたちにはぴったりの一冊だろう。タイトルが、「父と子の〜」になっているが、母親にもぜひ読んでもらいたい一冊だ。--- 2009.04.01

  • 中学受験のメリットを感じられる子は、
    小学校生活を全うしていて、その上さらに余力のある子であるべき…と思ったところで、無駄なんだろうな…。

  • 自分の子どもの中学受験の体験を語りながら、現代の中学入試について書かれた経験談。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1964年、神奈川県に生まれる。1996年、学習院大学大学院人文科学研究科博士後期課程修了、博士(史学)。現在、文部科学省初等中等教育局教科書調査官。 ※2016年7月現在【主要編著書】『日本中世の家と親族』(吉川弘文館、1996)、『古記録入門』(東京堂出版、2004)、『玉葉精読』(和泉書院、2013)、『三浦一族の中世』(歴史文化ライブラリー400、吉川弘文館、2015)

「2016年 『ここまで変わった日本史教科書』 で使われていた紹介文から引用しています。」

父と子の中学受験ゲーム (朝日新書)のその他の作品

高橋秀樹の作品

ツイートする