ネコを撮る (朝日新書 33)

著者 :
  • 朝日新聞社
3.74
  • (38)
  • (57)
  • (70)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 383
レビュー : 57
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022731333

作品紹介・あらすじ

写真はネコに始まり、ネコに終わる。すばらしい「ネコ写真」は、すべての写真にも通じます。モデルネコの探し方、機嫌のとり方、シャッターチャンス、「ネコフォト」のヒント満載。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 動物写真家・岩合光明さんの写真技術論。

    当たり前のことなのに、すっかり忘れていた。
    その写真の被写体、構図、背景、光の具合、使用機材…。
    全てに意味があるんだよねぇ。。

    猫の瞳の色がこうだから、背景はこの色になるようにしよう。
    猫のこの動作を存分に撮りたいから、レンズは広角にしよう。
    構図的に猫に右側に歩いていって欲しいから、自分はちょっと左に動いてみよう。 
    ……などなど。

    いつも、可愛いな、きれいだな、ずっと見てたいな…それくらいにしか考えてなかったのが申し訳ないくらい、岩合さんは猫を見つめて、猫との信頼関係を築いて、その猫が輝く瞬間を待っている。

    テレビ番組を見ていて、岩合さんがなぜこんなにネコと打ち解けられるのか謎だった。
    人懐っこいネコを数打ちゃあたる戦法で撮影する以上の何かがあるはずだ!とずっと思っていた。

    やっぱりあった。
    「動物には一度でも嫌われてしまうとその距離は絶望的とってもいいほど縮まることはない」という岩合さんが、猫と信頼関係を築くためにしていること、あるいはしないこと。
    とっても参考になった!

    特に、猫はどんな人が好きか?という問に対して、長年の経験から導き出した答がとても納得できた。

    「ネコは常に自分の傍にいてくれるヒトが好きだ。
    忙しいヒトよりも自分とのんびり日向ぼっこしてくれるようなヒト。
    のんびりと一日の感想を語りかけてくれるようなヒト。
    まったりとした時間をつかず離れず共有できるような人間との関係を、ネコは望んでいるのではないか」

    やっぱり、猫はしっかりこちらを見てるんだ。
    一緒にゆっくりすごす時間、私も大切にしよう。


    それと、本書にはたくさんの猫写真とともに、岩合さんの撮影ポイントの解説が載っています。
    私はカメラのことはよくわかりませんが、猫の撮影技術を向上させたい人にはいい指南書なんだろうなと思います。

  • 猫撮影の指南書。
    撮影の端的なポイントを添えた猫写真がたくさん。これらの写真を見るだけでも価値がある!
    「ヒトから目線」で思考する癖がついてしまってるから、そこから叩き直してネコと向かい合わねばなあ・・・デジイチほしい。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「「ヒトから目線」で思考する」
      ニャンコと同じ高さになるのは難しいな(物理的に)、、、でも昔は、餌で釣ろうとしてしゃがんでいたなぁ~
      「「ヒトから目線」で思考する」
      ニャンコと同じ高さになるのは難しいな(物理的に)、、、でも昔は、餌で釣ろうとしてしゃがんでいたなぁ~
      2014/03/27
  • 動物、特に猫が大好きで、好かれる人も大好きで、その第一人者ともいうべき岩合さん…猫の撮り方が題材ではあれど、岩合さんの人柄に興味津々!という感覚で読みました。
    岩合さんがなんで自然体で生き生きとした写真が撮れるのか、なんで猫にモテるのか(笑)わかった気がします。

    もちろん、撮影方法もためになる!
    わたしはたまにスマホで撮るくらいですが、猫を撮る上でのポイントがたくさん。やってみたくなる!

  • ネコを撮る
    岩合光昭
    2007年3月30日第1刷発行
    2017年10月8日読了

    動物写真家というよりもネコ写真家と言ってもおかしかないくらいネコを撮ることにおいて第一人者の岩合さん。
    世界猫歩き展にも行きました。たまにNHKで猫歩きの番組をやっていますが、とても癒されます。
    写真集も好きで2冊ほど購入しているけども、猫の躍動感、表情、仕草など、「猫」の魅力を抜群に写し撮っている写真家さんだと思ってます。
    そんな岩合さんの写真集ではなく、著書。珍しかったので購入。
    何を思い猫を撮っているのか。ネコ撮影のアレコレが満載です。

    ・早起きは三文の徳
    1日でもっとも撮影に向いている時間。5月なら朝4時半に、冬でも6時半には外に出る。写真は光と影が基本。朝の方が空気中の遮蔽物が少ない。
    ネコは朝日を浴びに出てくる。朝日を浴びてじっとしているネコはそれはそれは美しいと。

    ・人の手で飼育されていないネコを日本ではネコを野良ネコと呼ぶがイタリアでは「自由ネコ」と呼ぶ。曰く「彼らほど自由な生き物はいない!」そうだ。家畜なのに唯一、囲いや紐などで縛られる事なく自由に暮らし愛されている。街を闊歩してるネコを見て野良という認識はあるだろうが、そこをあえて「自由ネコ」と呼ぶあたり愛情を感じる。

    ・ネコは見ている。ネコ好きな人は多いがネコから好かれる人は少ない。ネコは激しい動きが苦手。自分よりも大きい存在が近寄ってきたら普通怖がる。もっとネコの目線で接する。
    若い人ほど「心に余裕がない」ネコもヒトを見て安全かそうでないか見抜いている。

    ・モデルネコはメスよりオスの方が多い。オスは自分の存在をアピールしたがり。なので「やあ、おはよう」などと声をかけて注視してきたり、隠れたりせずに、興味を示してくるネコはしめたもの。体を舐めたりしてお化粧するようならモデル素質充分。

    ・オスは活動的。なので道案内はオスとかにしてもらうとナワバリや「ネコ溜まり」と呼ばれるネコが集まる場所に出会えたりする。

    ・岩合さんのネコを撮るときの姿勢、考えについて少し知る事が出来ました。写真好きな人、ネコ好きな人にはオススメな一冊です。

  • 写真家の本だけあって、随所にネコの写真が掲載されている。
    そのネコの表示がとてもいい♡
    でも、白黒で勿体無い、カラーの方が豊かな表現になるんじゃないかともったいない気がした。
    でも、白黒の方が余分な情報が無くていいのかも、と思いに至ったのは本も残り少ないページになった時。
    ネコの表情を見るだけでも楽しい。

  • ネコを撮るにも「早起きは三文の徳」。写真撮影に良い朝の光。朝はネコも活動を開始する。猫に好かれるには心に余裕が必要。オス猫には道案内をしてもらう。警戒心の強いメス猫には気をつけろ。強くて優しい母ネコ。遊ぶ子ネコ。望遠レンズ。アングル。光。構図。色合い。背景に気を配る。猫の写真を撮っていると捨てられたネコは寂しい顔をしていることに気づく。別れ際には「元気でね」「また会おう」と声を掛けるのだそうだ。

  • 今までの猫写真を多用してあり、楽しめてみれた。でも写真は白黒だったのが残念だったかな。

  • 本書は、カメラの操作やカメラの設定を説いた本ではありません。
    ネコの撮り方というよりは、ネコとの接し方や、ネコとのやり取り、ネコの集会の見つけ方などを語ったもの。
    後半は、世界のネコ事情やネコ科の動物について軽く触れています。
    思っていた以上にネコの写真も多くて、あっという間に読むことが出来ました。難しい本ばかり読んで頭が疲れているときなんかにおすすめの、ネコへの愛情たっぷりの本です。

    新書専門のブックレビューサイト
    『新書ブックセンターのブログ』の書評
    http://shinsho.hatenablog.com/entry/2015/08/30/190452

  • 「望遠レンズを使って背景とネコの距離を縮める」
    「逆光でネコを立体的に撮る」
    「地面に引かれた白線で画面を構成する」
    「広角レンズを使用してデフォルメする」

     以前なら、何を書いているのか意味が判らなかった文章だらけだ(笑) ネコを撮影するための岩合氏のテクニック…というより心掛け的なもの。究極はネコへの愛情ということに尽きると思うが、いいネコと出会うための準備や努力が、ほのぼのと綴られる。
     そして、後半は世界のネコにまつわるエピソードに移り、最後は、巨大ネコ、ライオンとの話。「おきて」という写真集で初めて岩合さんを知ったからか、やはりアフリカでの撮影の話、サバンナでの氏の観察眼や目の付け所の話が面白かった。

     ネコに限らず、相手に合わせることは大切なんだなと。滅私。

  • ネコを撮影するにはネコとはなんぞやを知ろうという指南本です。
    私は朝がダメな夜型人間ですが、ストリートキャット撮影のために朝型目指そうか。。と本を読んで思いました(で き る の か(−_−;))
    本を読んでの結論。ネコは言葉を理解している!
    岩合さんはきっとネコ会話している、共通言語で。
    Kindle版で買いました。サクッと読めました。

全57件中 1 - 10件を表示

ネコを撮る (朝日新書 33)のその他の作品

ネコを撮る (朝日新書) Kindle版 ネコを撮る (朝日新書) 岩合光昭

岩合光昭の作品

ネコを撮る (朝日新書 33)を本棚に登録しているひと

ツイートする