アマチュアスポーツも金次第 (朝日新書 45)

著者 :
  • 朝日新聞社
2.95
  • (0)
  • (4)
  • (12)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 40
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022731456

作品紹介・あらすじ

アマチュアスポーツ界の不透明なマネー問題は西武ウラ金問題だけではなかった!フィギュアスケート、冬季競技、水泳…新鋭スポーツライターが、初めてマネーを縦軸に、スポーツ界を斬った。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • [ 内容 ]
    アマチュアスポーツ界の不透明なマネー問題は西武ウラ金問題だけではなかった!
    フィギュアスケート、冬季競技、水泳…
    新鋭スポーツライターが、初めてマネーを縦軸に、スポーツ界を斬った。

    [ 目次 ]
    はじめに スポーツの世界は、本当に金次第なのか?
    第1章 西武の裏金問題があぶり出したもの
    第2章 女子フィギュアばかりがなぜモテる?―女性アスリートが売れる時代
    第3章 学校がマーケティングを始めたぞ
    第4章 北海道経済と冬季五輪の関係って?
    第5章 松坂に60億円!―ポスティング・システムの怪
    第6章 サッカー世界の経済地図
    第7章 姚明と2008年北京五輪

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 日本のウィンタースポーツの弱体化は、北海道経済の衰退と密接な関係があるという指摘と分析は目からウロコ。

  • 日本スポーツ界の問題点(西武の裏金など)を筆者の視点からまとめている。内容は濃くないのですぐ読める。

  • 西武ライオンズによる裏金問題があるだけに旬の題材を扱ったルポ。
    野球だけでなくさまざまなスポーツについてあげられているが、結局スポーツもビジネスになってしまっている現状を書いているに過ぎない。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1967年生まれ。スポーツライター、ジャーナリスト。
早稲田大学社会学部卒業後、博報堂勤務を経て、スポーツライターに。国内外を問わない取材、執筆活動のほか、ラジオパーソナリティとしても活躍。NHK-BSのスポーツニュースのキャスターも務める。

著書には『駅伝がマラソンをダメにした』(光文社新書)、『スポーツを仕事にする!』(ちくまプリマ-新書)、『愛は負けない 福原愛選手ストーリー』(学研)、『箱根駅伝』『箱根駅伝 新ブランド校の時代』(以上、幻冬舎新書)、『箱根駅伝 勝利の方程式』(講談社)などがある。

「2014年 『箱根駅伝 勝利の名言 監督と選手34人、50の言葉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

生島淳の作品

ツイートする