線路にバスを走らせろ 「北の車両屋」奮闘記 (朝日新書 56)

著者 :
  • 朝日新聞社
3.30
  • (0)
  • (3)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022731562

作品紹介・あらすじ

バスか、電車か、果たして、その実態は!DMV(デュアル・モード・ビークル)に、「北の車両屋」はすべてをかけた。お金がなければ、知恵を絞れ、汗をかけ。民営化20年、赤字と、雪と、寒さに挑んだ、JR北海道車両開発部隊の奮闘記。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  JR北海道の路線6割が、社会的使命を終焉との自己規定はかなりシビア。
     が、路線廃止はJRの従前の負担・マイナスを自治体に転嫁するだけ。鉄道の社会的使命を一方的に放棄する、この選択も容認し難い。
     その調和点を技術面で解決しようというのが、マイクロバスを鉄路に移入する試みだ。

     実際採算のとりにくい車両の開発を、地元札幌の、除雪車専業の主要メーカーが手を挙げた。
     本来燃費向上のためなら軽さは長所だが、鉄道ではそれが弱点になる。
     一方で、鉄道車両としては想定していない車検通過の問題。これが困難という障害をどう克服するか。

     さて、いくら開発しても売れなければ何にもならないところ、東欧からの引き合いとJR西日本からの歓迎が未来に希望をつなぐか。

     なお、その他のJR北海道のユニーク車両開発史も併載。

  • 購入店:

  • 線路と道路を走れる新しい乗り物DMV。これを開発したのはJR北海道だが、その開発の裏側と、それ以外に民営化後に取り組んだ車両改革について現地の記者がまとめた一冊。鉄道の本というよりもJR北海道版のプロフェッショナルXみたいな切り口。

全3件中 1 - 3件を表示

線路にバスを走らせろ 「北の車両屋」奮闘記 (朝日新書 56)のその他の作品

ツイートする