はまる人、はもる人、はめる人 「強味」の人材像 (朝日新書 61)

  • 朝日新聞社
3.12
  • (1)
  • (2)
  • (13)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 37
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022731616

作品紹介・あらすじ

松下電器産業が、国内新卒の採用を海外も含めた採用に軸足を移すと発表した2003年。実際に、2006年までの4年間で、中国現地で1800人以上を採用したと伝えられる。一方、ソニーは松下に先行して日本、中国、韓国で同一の試験問題を使い大卒の採用を行っている。時代は個人レベルの国際競争社会へ。切り捨てられないために、あなたが出来る簡単な方法とは?今日から自分の「強味」を再確認し、磨くべし。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ●内容
    ・外務省上級職からコンサルに転じた著者による、キャリアの考え方ガイド。
    ・著者は外務省上級職として任官するも、専門職っぽい仕事に自分の適性があることに気づき転身。その経験と多数の事例研究から、キャリアのパターンを分類。

    ●感想
    ・テーマは「強みを活かす」ことで、その「強み」の分析手法が具体的なのですぐに導入できる。 具体的には、それぞれの「強み」タイプの描写と簡単な質問から自分のタイプを大づかみし、その後「私の履歴書」を書いて「強み」を辿っていくスタイル。

    ・「役割」の9分類は次のとおりで、職位の上下によらず、自分の「強み」の活かせるところにハマると幸せとしている。

     1、ジムタン…定形業務。役所でいうヒラ。低賃金競争にまきこまれる作業者。
     2、プロセサ…高度プロセス管理。処理と段取りに優れ、作業を管理するスーパー主事。庶務の生き字引。
     3、エクスパ…特定分野内での専門家。「財政マン」とか「戸籍マン」とか。旺盛な知識欲と探究心で、専門性の追求と知識の更新にはまっていく。
     4、セルプロ…営業的な仕事。情報の仲介と創造により、商社機能を果たす。
     5、プレマネ…監督兼プレイヤー。後進に仕事を教え、うまく仕事を割り振る係長。
     6、カチョウ…人を動かすマネジャー。人を動機づけて結果を出す、デキル課長。
     7、コンサル…企業参謀。専門家どうしをつなげて、みんなの力を引き出す。力を顕在化させる理論派部長。
     8、アントレ…起業家。豊富な仮説と行動力で周囲を動かすいけいけ部長。
     9、ボスザル…事業リーダー~経営者。方向性を示して集団をリードするボス部長。

     役所的には「2プロセサ=スーパー主事」か「6カチョウ=デキル課長」以上が尊重される。「5プレマネ=係長」を通過点と見て、さらに上のキャリアを見据えて「強み」分析をするのがよさげ。

    ●これやってみよう
    ・「私の履歴書」ごっこ
    ・誕生日ごとに「「私の履歴書」ごっこ」を更新

  • 『はまる人、はもる人、はめる人』キャメル・ヤマモト。読了。本田健の『ユダヤ人〜』が感情的な一冊なら、こっちは端的で実践的。うんうんと、頷きながら読んでしまった一冊。

  •  ウォーリー所有。5月25日購入。未読

  • 一言で言えば、“強み”がある人材になりなさい、と。
    いろいろと書かれているが、あまり内容は無く、本人の自慢話などが挟まれている一冊。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

キャメル・ヤマモト
ビジネス・ブレークスルー大学経営学部教授
デロイト トーマツ コンサルティング合同会社執行役員、東京工業大学大学院特任教授。
東京大学法学部卒業、オックスフォード大学セント・アントニー・カレッジ シニアアソシエイト・メンバー、青山学院大学大学院国際政治経済学研究科修了(異文化経営修士)。
外務省、外資系コンサルティング企業2社を経て現職。日本企業の組織・人材のグローバル化のための「まだらメソッド」を開発し、その導入・普及に取り組んでいる。著書に『グローバルリーダー開発シナリオ』(共著、日本経済新聞出版社)、『グローバル人材マネジメント論』(東洋経済新報社)、『「世界標準」の仕事術』『「世界水準」の思考法』(以上、日本実業出版社)、『稼ぐ人、安い人、余る人』(幻冬舎)などがある。DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー・オンラインで、「まだら模様で考えるグローバル人材論」を連載中。

「2016年 『プロフェッショナル リーダーシップ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

キャメル・ヤマモトの作品

ツイートする