M&A時代の企業防衛術 (朝日新書 66)

著者 :
  • 朝日新聞社
2.50
  • (0)
  • (0)
  • (7)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 17
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022731661

作品紹介・あらすじ

あなたの会社は、ほんとうに大丈夫か。大M&A(企業合併・買収)時代に、日本の経営者、従業員、株主の覚悟を問う。敵対的買収が当たり前の欧米と、M&Aに縁のなかった日本。守るも攻めるも、M&Aの戦術・秘策を知り尽くす著者が、渾身のアドバイスと警告を、日本に発した。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • [ 内容 ]
    M&Aの文字が新聞に載らない日がなく、いまや「対岸の火事」ではない企業買収。
    いったい、どんな会社が危ないのか。
    欧米のM&Aに精通し、仕掛ける側のコンサルタント会社経営の著者が、日本企業の防衛策の甘さを痛烈に指摘し、いま取り入れるべき方策の数々を徹底指南する。
    経営者だけでなく、社員や株主ができるM&A対策にも、新たに言及。
    サッポロビールやブルドックソース、北越製紙など具体例も豊富に紹介し、処方箋を提言する。

    [ 目次 ]
    第1章 狙われる企業の非効率、不透明経営
    第2章 実践的企業防衛術
    第3章 現代の暖簾わけMBOの勧め
    第4章 真に役立つMBOとは
    第5章 経営者が変わる、経営を再構築する
    第6章 企業防衛は、新しい日本的経営モデルで

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 専門用語の十全な説明がされないまま進んでいく割には平凡なことしか言っていないから、M&Aのリサーチをしたことある人は読まなくてもいいし、したことない人は要点を掴みづらいし得るものが少ないと思う。

  • 前半部分は三角合併が解禁されてからのM&A状況を解説しているが、後半部分は筆者が何を言いたいのか、まったく分からなくなるほどまとまりに欠けている。さらに、その論自体も明らかに首をひねる場所も多い。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

企業アドバイザー。(株)フレイムワーク・マネジメント代表。1957年島根県生まれ。一橋大学、スタンフォード大学ビジネススクール卒業。都銀、外銀での20年にわたる勤務を経て、外資IT企業系ベンチャーキャピタルの日本代表を務める。主な著書に、『地方銀行消滅』『銀行のウラ側』(ともに朝日新書)、『大予想 銀行再編 地銀とメガバンクの明日』『大解剖 日本の銀行―メガバンクから地銀・信金・信組まで』(ともに平凡社新書)、『銀行員という生き方』(宝島社新書)、『銀行員のキミョーな世界』(中公新書ラクレ)など。

「2017年 『三菱東京UFJ・三井住友・みずほ 三大銀行がよくわかる本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

津田倫男の作品

ツイートする