反骨のコツ (朝日新書 69)

  • 朝日新聞社 (2007年10月12日発売)
3.20
  • (4)
  • (1)
  • (17)
  • (2)
  • (1)
  • 64人登録
  • 12レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022731692

作品紹介

東大法学部長、最高裁判事を歴任し、93歳になった日本刑法の父は、反骨精神の塊だった。天皇機関説事件、二・二六事件を見届け、刑事訴訟法起草でGHQと渡り合い、最高裁判事として書いた少数意見は数知れず。憲法改正、死刑廃止論、裁判員制度批判から、昭和天皇のことども、三島由紀夫との交流まで。法学界の最重鎮が、52歳下の東大准教授と縦横に語る、ニッポンを元気にする反骨のススメ。

反骨のコツ (朝日新書 69)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読み進めていくことで
    反骨
    を公的機関で行った実例と心の中を見ることができる貴重な本です。
    語り手がお年を召されてらっしゃるのと、私が会社員ということで法律家ではないため、登場人物の多くを知らないという点がありましたが、巻末に注釈があり助けていただきました。
    おそらく著者両名の発案でしょうが、このような配慮に感謝申し上げたいです。

  • 齢90歳越えの団藤先生、カッコイイ。故団藤重光氏は、刑事法、特に刑法の大家にて、最高裁裁判官も務めた経歴を持つ。そして、死刑廃止論者でもある。いわゆる人格責任論、行為無価値論を採用している上、厳つい風貌なのに、本書で表れるのはお茶目な素顔。蓑田胸喜を学生時代に評したのが「キョーキの沙汰だ」という一言。他にもダジャレも連発するとはかなり意外であった。それとは別に若き法学徒に対する叱咤、すなわち、法、あるいは法解釈の存する意味は、現存する悪徳を除去し、より良き未来を構築するためだという熱いメッセージも付記。
    まぁ、団藤先生の学説は、彼の教科書、あるいは死刑廃止論関連の著作を紐解いた方が、本書よりも、より良く解説されている。また、本書は、団藤説を、彼と同時代の思想分析を踏まえて、ポストモダン的な思想に位置づける伊東乾氏の語り口が際立つ一書と言えなくはない。しかし、団藤先生の熱い語り口も同時に簡明に感得できるものとして、一読の価値はある。戦後の刑訴法改正秘話も、不充分ながらも一読の価値あり。また三島由紀夫作品と団藤学説(特に刑訴法)との親和性については驚きの念を禁じえない。
    ちなみに、小野清一郎学説は仏教思想に、滝川幸辰学説は唯物的に、牧野英一学説はダーウィン的進化思想に依拠し、また、団藤重光学説は陽明学に由来するとのこと。これらは対談の中で出てきたものであるが、かかる着眼点や発想は刑法学の教科書からは全く伺うことができず、実に興味深い。2007年刊行。

  • 本の構成は「反骨精神」をベースに、団藤氏と伊東氏との対話という形をとり法律をめぐる諸問題についてあれやこれやと話を進めていく、というもの。
    詳しくは述べないが大まかなテーマとしては死刑問題、改憲問題、裁判員制度の問題の三点に重きを置いて話が進められていきます。

    団藤氏の死刑廃止論が他の死刑廃止論者とは比べ物にならないほどの思想的背景に基づいたものであることや、戦後の法律作成の現場で団藤氏が感じ取った「難しさ」、そして「反骨のコツ」とはなんたるか等実に様々な興味深い話が出てきました。

    がしかし。
    あまりに伊東氏の発言が長く、かつ回りくどいものになっていて全体として「伊東乾氏の思考回路を文字に表した本」になってしまっている感が否めません。
    団藤氏の「主体性のある」論を読むのであれば、はっきり言って1章及び6~8章のみに目を通せば済むかと思います。
    死刑問題については「死刑廃止論」を、理論的な話は「法学の基礎」や「刑法綱要総論・各論」を読むほうが数百倍自分の頭に入ってくるのですから。

    そういった点から☆2としました。

  • 作曲家・指揮者、科学者、作家でもある伊東先生が団藤先生にいろいろとインタビューし、死刑廃止論から、主体性理論から、裁判員裁判、陽明学、ポストモダン、カールポパー等々、まことに浩瀚な、知的好奇心を掻き立てられる対話篇になってます。それにしても、伊東先生って、どうしてこうまで博覧強記なんだ?

  • 一方的に話す伊東氏に対して団藤重光氏がうなずくだけのような本ではあるが、所々団藤氏が面白いエピソードを語るところもよく。東条英機におごってもらった中華の話など。

  • 折りしも、鳩山法務大臣の元で本年度が史上過去最多の死刑執行数を記録することが明らかになった今日、本書を手に取る。

    死刑廃止論の泰斗、團藤重光先生と伊東氏の対談。

    先生は従来から、人間の可謬性を基礎に、死刑廃止を理論付けてきた。その方向性は本書でも変わらないわけだが、「人は殺してはいけない。これはなんといってもそうなんです」―この素朴な感慨の裏に潜む、その強力な倫理の規定を共役可能な形に記述して欲しかった。私の勉強不足に起因するのかもしれないけど、その根拠付けのあたり少し消化不良の感。聞き手の知識のひけらかしに端を発する膨大な「放談」を削ってそこに紙幅を費やして欲しかった。

    しかしそれにしても。我妻栄や美濃部達吉の元で法学を学び、カール・ポパーと友人で、三島由紀夫の恩師で…

    これだけ見てもカラフルな「生きる昭和史」がその人柄を余すところなく存分に披露する談話はたいへんに味わい深かった。

    誠に得がたい人である。

    余談だが「『仮面の告白』。あれは私の刑訴法理論を文学化したものです」

    なんて歴史的証言のような言葉が平然と語られていて。これは記憶に留めておこうなどと。(三島読んだことない私。『金閣寺』を途中で断念した以外)

    聞き手の自己顕示欲に鼻が白むのが難点。

  • ずぶの素人が被告人に死刑を下してよいのだろうか・・・。

  • 2009/8/27図書館で借りる
    2009/

    良い本に出会えた。裁判員制度も始まり、僕たちが人を裁く時代になりました。これから、法について多くのことを学び、適切な審判を下せるようになりたいです。
    裁判員制度が開始されたのを機に、推理小説が深みを増していくことを期待してもいます(笑

    第一章:反骨から見る日本国憲法
    第二章:死刑制度は理の当然
    第三章:決定論を跳ね返せ
    第四章:裁判員制度は根なし草
    裁判員制度は民衆の求めた制度ではなく、官製のものである。イギリスの陪審制は民衆の求めた権利である。

    第五章:憲法九条と刑法九条
    第六章:お悩み解決は団藤説で
    第七章:革命のコツ・団藤陽明学
    第八章:若者よ、正義の骨法を摑め!

  • 團藤先生の死刑廃止論を中心に、反骨の精神の大切さを説いた一冊。

  • おお、まだ生きてはったんやね!
    しかもごっつまともなことゆうてはるし。

    おそるべき90代。

    わけわからん説ばっかり唱えやがって、説が増えたら勉強する方がたまらんわい!とおもってたけど、背景知ったら納得。

全12件中 1 - 10件を表示

伊東乾の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
ヴィクトール・E...
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

反骨のコツ (朝日新書 69)はこんな本です

ツイートする