出世はヨイショが9割 (朝日新書 (075))

著者 :
  • 朝日新聞社
2.43
  • (1)
  • (1)
  • (12)
  • (12)
  • (4)
本棚登録 : 71
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022731753

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 現代のサラリーマンが抱える様々な問題とサバイバル術をわかりやすく紹介するという趣旨で、日常生活のこまごまとしたテーマから、人生や出世を左右するような大きなテーマにいたるまで網羅的に解説している。本書の最終目標は、「サラリーマンという生き方」を肯定したうえで、「サラリーマンの達人」になることであり、そのための重要ポイントとして、「ヨイショ」に着目している。「ヨイショ」は、組織の潤滑油であり、上司や同僚と円滑な人間関係を築いていくうえで有効なツールあると評価している。
    「独創性やオリジナリティーが求められる仕事ができるようになる近道は、先輩サラリーマンの「真似をする」こと」、「長期プロジェクトは細切れに目標を設定して自らを追い込もう」など、有益な指摘もあったが、「上司に気に入られるためには、上司の考えに同調するのが一番である」、「サラリーマンにとっての王道は、「幸せな結婚をして子供をつくり、マイホームを購入する」こと」といった旧時代的な価値観に基づく指摘も多く、全体的にあまり共感はできなかった。
    総じて、誰のため、何のために働くのかということがなおざりになっているような論調だと感じた。ここに書いてあるとおりのことをして出世しても、何か空しいだけのような気がする。

  • 出世するためにはヨイショが必要なのか?

    →互いにほめ合うことで、社員同士のコミュニケーションも円滑になり組織全体のモチベーションも上がっていく

  • ヒドい本だった。
    経済とは全然関係ない上、「ヨイショ」に徹して書いている訳でもない。
    普通に常識的なビジネスマナーや英語の必要性を書いてお茶を濁しながらページ数を稼いで本にしてある感じ。
    著者に書けないジャンルの本を出版社が著者の名前でとにかく売りたいと無理矢理書かせたか、著者の実力不足により飯が食えなくなって自分から出版社に無理矢理企画を持ち込んだか?

    こんな本を出していたら消えてしまう。

  • スキルアップがすべてではない!

    出世に必要なもの。
    それは、ヨイショなのだと筆者は言う。
    すなわち、ゴマすりだ。
    ゴマすりというと、下心があって腹黒いやつ!
    というイメージがあるものの、
    筆者は、人間関係の円滑油としてヨイショを推奨する。

    現代社会はスキルアップや効率性が重要視されている。
    それが行き過ぎて、人間関係も希薄になっている。

    職場での希薄な人間関係。
    効率性や自らのスキルアップばかりを考えるドライな職場。

    ただ、人事評価する上司は生身の人間なのだ。
    行動経済学が示すように、人間はときに効率や論理から外れる行動をする。

    人事評価をする上でも同じだろう。
    いくら、成績や実績、スキルがあっても、
    好き嫌いが多少なりとも評価に入り込んでしまうのが事実であろう。

    だから、腹黒いと思うかもしれないが、ヨイショが重要なのだ。

    本書は、人生におけるヨイシ推奨を具体例を挙げながら語る。

    スキルアップとともに、上司へのヨウショという円滑油を取り入れよう。

  • 門倉本にしてはパンチが足りない。

  • 門倉貴史って、もっと壊れた人なのかと思って手に取った本なのだが…期待には応えてもらえなかった。マジメなサラリーマンが読むと、もっと悲惨なことになって楽しいかもしれない。不まじめなサラリーマンが読んでも大して得るものはないと思う。というわけで、果たして誰向けに書かれた本なのかちょっとよくわからない。

  • [ 内容 ]
    全国のホワイトカラーの皆さん!
    サラリーマンの「王道」を歩んでみませんか。
    夢は大きく、「社長になる」。
    家庭円満、遊びもこなす。
    成果主義、リストラ、賃金の頭打ち…働く環境は大きく変わりましたが、そんな会社を颯爽と駆け抜ける新サバイバル術を伝授します。
    格差社会だからこそ、「正社員」の地位を守り、「サラリーマン道」を極めるのです。

    [ 目次 ]
    序章 なぜ「ヨイショ」なのか
    第1章 ライバルに仕事で差をつけるための法則
    第2章 スキルアップの心得
    第3章 家庭円満が出世につながる
    第4章 仕事で成功するには「遊び」で気分転換も必要
    第5章 サラリーマンの達人は老後をエンジョイする

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • まさに紙上《ホンマでっかTV》。きちんとした統計を持ち出すなど、説得力はある。ただ、事例の紹介は筆者の妄想? と、思える部分が多い。それを半笑いで語っている筆者の姿が頭に浮かんできて、つい
    こっちもだんだんニヤついてきてしまう。

  • サラリーマン社会をニヒルに描いたものかと思いきや、いろんな統計や細かい制度の内容などでひたすらページ数を稼ぎ、出世のための処世術は全体の2割くらいか。書けもしない内容で無理やり本を出しているのは著者自身の策略か編集者の策略か。■この著者の本を読んだのは2冊目で、他にも面白そうなタイトルの本はあるけれど、また肩透かしをくらいそうなので、しばしお休み。

  • 軽めの読み物だが氏らしくデータはてんこ盛り。ヨイショをはじめつき合い全般から身だしなみ、キャリアプランまでサラリーマンを全うするための知識満載。無理して砕けた文章がキュートよ。

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

神奈川県立横須賀高等学校出身。慶應義塾大学経済学部卒業。浜銀総合研究所入社。1999年日本経済研究センターへ出向。2000年シンガポールの東南アジア研究所(ISEAS)へ出向。2005年6月まで第一生命経済研究所経済調査部主任エコノミスト。2005年7月からBRICs経済研究所代表。2007年同志社大学大学院非常勤講師。日本で初めて地下経済の研究に取り組み、地下経済に関する著作も多数発表している。またワーキングプアの啓蒙書も多数発表。BRICsに続く経済発展が見込まれる国々として、ベトナム・インドネシア・南アフリカ・トルコ・アルゼンチンを総称したVISTAという造語を提唱した。

「2018年 『日本の「地下経済」最新白書』 で使われていた紹介文から引用しています。」

出世はヨイショが9割 (朝日新書 (075))のその他の作品

門倉貴史の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
小山 龍介
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする