女の読み方 (朝日新書 81)

著者 : 中森明夫
  • 朝日新聞社 (2007年11月13日発売)
2.75
  • (1)
  • (1)
  • (5)
  • (4)
  • (1)
  • 本棚登録 :24
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022731814

作品紹介

新人類世代の代表的コラムニストが、1990〜2002年、『週刊SPA!』誌上で連載した570のコラムから精選。"バブル崩壊"と"実感なき景気回復"をつなぐ「空白の10年」に何があったのか。女という「鏡」で見る異色の90年代論。

女の読み方 (朝日新書 81)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 281.04

  • [ 内容 ]
    新人類世代の代表的コラムニストが、1990~2002年、『週刊SPA!』誌上で連載した570のコラムから精選。
    “バブル崩壊”と“実感なき景気回復”をつなぐ「空白の10年」に何があったのか。
    女という「鏡」で見る異色の90年代論。

    [ 目次 ]
    序章 昨日の女たちへ
    1章 女優―時代の名花たち(吉永小百合 黒木瞳 ほか)
    2章 1990年~1993年 バブル崩壊へ(オノヨーコ 二谷友里恵 ほか)
    3章 1994年~1997年 戦後五十年を超えて(河野景子 神田うの ほか)
    4章 1998年~2001年 新世紀到来(山田まりや 島尾ミホ ほか)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 世界を破壊したかったが、私が持っていた兇器といえば、「言葉」しかない。だから、「言葉」を磨いた。バスジャックする代わりに自らの「言葉」で読む人の心をジャックしようと想った。それで今の仕事をしている。(211p)

  • 雑誌に連載された、その当時の旬な女性について書いたコラムをまとめたもの。内容についてはくだらないものが本当に多いが、このコラムが掲載された当時はまだまだ無名だった人物を対象としていることが多い点には驚かされる。

全4件中 1 - 4件を表示

中森明夫の作品

女の読み方 (朝日新書 81)はこんな本です

ツイートする