床ずれ博士の在宅介護 (朝日新書 93)

著者 : 大浦武彦
  • 朝日新聞社 (2008年1月11日発売)
3.80
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :12
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022731937

作品紹介

「介護の日々」は、ある日、突然、やってきます。何とかもっとうまくできないものか。家族の悩みは尽きません。寝込んだ本人にもっと快適になってほしい。家族ももっと楽にできないのか…。日本ではじめて、床ずれが治り、予防もできることを臨床の場で実証した「床ずれ博士」が、在宅介護のコツを披露します。

床ずれ博士の在宅介護 (朝日新書 93)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 080303

  • [ 内容 ]
    「介護の日々」は、ある日、突然、やってきます。
    何とかもっとうまくできないものか。
    家族の悩みは尽きません。
    寝込んだ本人にもっと快適になってほしい。
    家族ももっと楽にできないのか…。
    日本ではじめて、床ずれが治り、予防もできることを臨床の場で実証した「床ずれ博士」が、在宅介護のコツを披露します。

    [ 目次 ]
    第1章 「在宅」介護の時代
    第2章 在宅介護を詳しく知ろう
    第3章 在宅介護に必要なケアチーム
    第4章 介護に入る前に知っておきたいこと
    第5章 介護の成否を左右する「床ずれ」治療
    第6章 床ずれとの上手なつきあい方
    第7章 床ずれを治すには
    第8章 在宅介護の現場で
    第9章 老人だけではない在宅介護
    第10章 うまくいく在宅介護のために

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 2008/1
    高齢社会が進行している日本では介護の重要性がどんどん増している。
    よく耳にする“床ずれ”というものがどういう症状なのかから解説され、介護の問題と解決法について書かれている。

全3件中 1 - 3件を表示

大浦武彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

床ずれ博士の在宅介護 (朝日新書 93)はこんな本です

床ずれ博士の在宅介護 (朝日新書 93)を本棚に登録しているひと

ツイートする