幕末・英傑たちのヒーロー 靖国前史 (朝日新書)

著者 :
  • 朝日新聞社
3.63
  • (0)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022732026

作品紹介・あらすじ

幕末、松陰も龍馬も、そして新撰組もヒーロー視した「楠木正成」。長州では正成と共に戦没者の霊が祀られ、やがて招魂場ができ、靖国神社誕生へとつながる。先人をしのぶ人々の純粋な思いは、つねに政治に都合よく利用され、危険な「誇り」へと変容してゆく-。甘美にして痛ましい靖国思想の原点を探る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2008.3.19

  • 2008/3
    靖国神社の問題というとどうしてもA級戦犯の合祀の問題がほとんどとなっている。ただ、靖国神社というものがどのような過程から成立したのか、幕末の長州藩と楠木正成との関係から詳しく説明している。歴史の裏側を1つ知ることができた貴重な一冊。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1966年、兵庫県芦屋市生まれ。幕末維新史研究家。萩博物館特別学芸員、至誠館大学特任教授、防府天満宮歴史館顧問、春風文庫主宰。大正大学文学部史学科卒。著書に『長州奇兵隊 勝者のなかの敗者』『吉田松陰とその家族』『幕末歴史散歩 東京篇』『幕末歴史散歩 京阪神篇』『高杉晋作の「革命日記」』『高杉晋作を歩く』『坂本龍馬を歩く』『高杉晋作』『司馬遼太郎が描かなかった幕末』など。

「2017年 『明治維新とは何だったのか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

幕末・英傑たちのヒーロー 靖国前史 (朝日新書)のその他の作品

一坂太郎の作品

ツイートする