東京裁判の教訓 (朝日新書)

著者 : 保阪正康
  • 朝日新聞出版 (2008年7月11日発売)
2.94
  • (0)
  • (3)
  • (9)
  • (4)
  • (0)
  • 32人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (277ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022732200

作品紹介

東京裁判(極東国際軍事裁判)とは何だったのか!?勝者による「復讐裁判」と片づけてよいのか?史実から目を背けるのは「逃避」である。壮大なる歴史ドラマに隠された数多くの教訓を、どう受け止め、どう伝えるか!?新史料を得て世に問う、保阪正康流理性史観。

東京裁判の教訓 (朝日新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「あとがき」で著者が書いているが、「東京裁判」と聞いただけで「高い山」と思っていたうちの一人である。本書を読んでみて感じたことは、「東京裁判」を読み解くことで、なぜ日本が無謀な戦争に突入していったかをある程度体系的に理解できるということである。
     
     別件ではあるが、この20年来、著者の史観に共感を覚えてその著書を読み続けているのだが、ここに来て、本当にその史観に共感することが正しいのかをあえて疑ってみたいと思っている。しかし、あの右翼的史観(昨今におけるAPA論文の選者や小林よしのりの考え)は生理的に受け付けず真剣に読む気がしないのもまた事実である。誰か両方の史観を客観的に論じてくれないものか?

  • [ 内容 ]
    東京裁判(極東国際軍事裁判)とは何だったのか!?
    勝者による「復讐裁判」と片づけてよいのか?
    史実から目を背けるのは「逃避」である。
    壮大なる歴史ドラマに隠された数多くの教訓を、どう受け止め、どう伝えるか!?
    新史料を得て世に問う、保阪正康流理性史観。

    [ 目次 ]
    序章 昭和史清算のひとつの形
    第1章 裁判の全体図―可視と不可視の部分
    第2章 裁いた側の論理と歴史的責任
    第3章 裁かれた側の弁明とその義務
    第4章 判決のもつ意味と戦後社会
    終章 六十年目の東京裁判、歴史への道

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 東京裁判から60年。本来なら歴史の領域に入っていかなければならないのだが、法務省の地下に眠っているとされてきた裁判の検察側、弁護側の証拠文書が平成11年に国立公文書館に実は移されていた。

    そして、国立公文書館が平成18年12月からその一部の整理を終えたことを明らかにし、それが徐々に公開されてきている。

    著者は、激動を生きた世代の責務として、昭和前期からの軍人、政治家などの行動を分析し、どのようなプロセスで無謀な戦争へと突き進んでしまったのか。

    東京裁判の記録、当事者などの証言を元に、詳細に分析したものである。

    この裁判が問うていることの真の意味を日本社会は今後に生かしていかなければならない。

  • 2008/8
    近年になって新たな史料なども世に出てきている戦後初期の記録。なかでも大東亜戦争の総決算として、儀式的な意味合いも持たれていた東京裁判を膨大な裁判記録、また関係者からの証言などをまとめ分析している。これもまた、戦後史の一面的な見方とはいえ、新鮮な発見も少なからず見られる。

全4件中 1 - 4件を表示

東京裁判の教訓 (朝日新書)のその他の作品

保阪正康の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

東京裁判の教訓 (朝日新書)はこんな本です

ツイートする