コミックマーケット創世記 (朝日新書)

  • 朝日新聞出版
3.59
  • (2)
  • (9)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 65
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022732507

作品紹介・あらすじ

コミックマーケット(コミケ)が、日本のまんが史を変えた!創始者が70年代まんが黄金時代のコミケ誕生秘話を初めて明かす。有名まんが家を多数輩出した「まんが同人誌」即売会のエピソードが満載。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 新書文庫

  • 熱意は感じられた。でも文章は上手いとは言えないし、構成がめちゃくちゃで話があっちこっちにとび、知っている人しか分からないものになっていると思う。熱意しかなかった。読むのが辛かった。編集者はきちんと手を入れるべき。

  • 誇張や脚色は少なからずあるにせよ、こういうドキュメンタリー風の裏話はおもしろい。何かを立ち上げ維持していくには圧倒的な熱量ともいえる執着と、絶対性を排除する諦観に近い意志の強さが必要なのかもしれない。

  • 何かを表現したいと内から湧き上がるものをもっている人の勢いには感心するばかり.漫画批評をしたかった当時の著者たちについて,また,その行動が語られる.

  •  コミケットが生まれた経緯を、コミケットの初代代表が語る。だんだん大規模化してきた頃に引退されてしまったので、晴海時代とかのエピソードはない。二代目代表の米澤さんが御存命だったら、この後のおはなしも聞けたのになぁ。

     当時はファン同士の交流が、文通とか会報ぐらいしかなかったんだから、そりゃあ交流の場づくりに必死になるよなぁと思った。

     この本の中ではちょこっと触れられるだけだけど、コミケットの次に同人誌即売会(コミカ)を開催したのは、名古屋のグループ・ドガという漫画サークル。パロディもコスプレも認めない、創作オンリーのかなり硬派なサークルで、森博嗣さんが漫画を描いてたらしい。こっちの秘話も聞きたいなー。

     コミケット第1回が1975年。
     グループ・ドガ発足が1976年。
     コミカ(コミック・カーニバル)第1回が1978年。
     グループ・ドガが解散したあと、いくつかの会員がジェット・プロポストを立ち上げるのが1980年。
     大阪のSF大会でDAICON3オープニングアニメが披露されるのが1981年。
     という時系列みたい。
     ジェット・プロポストには、森博嗣さん、ささきすばるさんのほかに、コジマケンさんとか、山田章博さんが参加してたようだ。すごいメンツ。

     誰かオタク業界全体の家系図を書いてまとめてほしい。

  • コミケの初代代表。

    日本の文化史を語る上で、後年、貴重な資料となるに違いない。

  • [ 内容 ]
    コミックマーケット(コミケ)が、日本のまんが史を変えた!
    創始者が70年代まんが黄金時代のコミケ誕生秘話を初めて明かす。
    有名まんが家を多数輩出した「まんが同人誌」即売会のエピソードが満載。

    [ 目次 ]
    初期コミックマーケット関係者一覧
    第1章 第1回コミックマーケット開催(1975年12月21日)
    第2章 『COM』と「ぐら・こん」(1966~71年)
    第3章 ファンクラブからの出発(1971~73年)
    第4章 ファンに何ができるのか(1973~74年)
    第5章 コミックマーケット発進!(1974~75年)
    第6章 コミックマーケットはどこへ行く(1976~79年)
    コミックマーケット12回までのあゆみ
    「マニア運動体論 序説」(『漫画新批評大系』より再録)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 2010/1/5図書館で借りる

  • とても興味深く読みました。著者はコミックマーケット初代代表の方。当時のマンガファンの様子やファン活動を取り巻く状況なども含め、コミケ誕生に至るまでの経緯が詳細に語られている。と同時に、当時の著者自身を振り返っている面も大きいので「記録」ではなく「回顧録」といった印象もあります。語られているのは本当に創世記のみで、著者が代表を退いた時点で本書は終了しているので、続きとなる世代のお話も知りたいなぁと思います。 当時のファン活動のあたりの記述については、熱気が伝わってくるようでワクワクしました。

  • コミックマーケット、通称コミケ(登録商標)の初代代表による”まんが大会”回顧録。
    「品物の同人誌の売買をする場所」としてではなく、「作品を発表する場所」「ファン同士の交流の場」と
    考えている人には一読の価値ありです。

全11件中 1 - 10件を表示

コミックマーケット創世記 (朝日新書)のその他の作品

霜月たかなかの作品

コミックマーケット創世記 (朝日新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする