クラウド・コンピューティング ウェブ2.0の先にくるもの (朝日新書)

著者 : 西田宗千佳
  • 朝日新聞出版 (2009年1月13日発売)
3.26
  • (11)
  • (64)
  • (149)
  • (21)
  • (1)
  • 本棚登録 :612
  • レビュー :90
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022732545

クラウド・コンピューティング ウェブ2.0の先にくるもの (朝日新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【要旨】
    ○ソフトウェア業界の異変
    ・ソフトウェアパッケージ+バージョンアップ ⇒ 売れなくなってきている。
    ⇒現状への満足感、ソフトフェアそのものへの関心の薄れ

    ・ブロードバンドの普及によりデータを見せるソフトはすべてウェブアプリ化
    ⇒ソフトウェアでなく、サービスを提供する形態の方がユーザの利便性が高い

    ○モバイル端末について
    ・日米の携帯メールは下記の点において、機能が異なる
    米国:SMSが主流。PCへの送受信は困難
    日本:インターネットを介し、PCとの送受信が可能←写メール、絵文字等、独自の携帯文化を醸成

    ・日米のiPhoneの受け止め方。
    米国: 好意的    ←PCへの送受信が可能+PC用のウェブサイトの閲覧が可能
    日本: やや好意的 ←上記機能は国産携帯で可能、でもPC用ウェブサイトの閲覧はiPhoneが勝る。

    ・グーグルのモバイル戦略
    無償OS、アンドロイドを展開⇒モバイル端末をインターネット環境(自社サイト)に引き込むための布石
    モバイルをパソコン化するに適したOSを無償で配布し、時代の移行を加速する狙い。

    ○クラウドとは 

    ・複数の同時並行的なトレンド(Web2.0、ASP、仮想化・・・)に明確な方向性が生まれた。
    ・クラウドの要素
    サービス化・・雲の中のサーバで処理
    ホーダレス・・クラウドへの接続端末を選ばない
    分散・・・・・・・・データはローカル以外に分散
    集約・・・・・・・・サーバ、端末それぞれに役割の特化した性能への集約化

    ○今後の課題
    ・信頼性 ⇒SLAの整備が必要    
    ・通信への依存   
    ・セキュリティ ⇒クラウド提供会社を信用できるのか
    ・クラウド定着には  ⇒キャズム越え。ハイテク機器市場では消費者はピラミッド構造をなしている。

    イノベーター⇒アーリーアダプター⇒アーリーマジョリティ⇒・・・
      ↑ ここにキャズムと呼ばれる溝がある。この溝を越えないと普及に至らない。

    【所感】

    クラウドが様々な課題を克服し、キャズムを越え、広く普及したとする。家電全般もクラウドに接続する機能を持ては、いわゆるユーティリティコンピューティングが実現する。すると・・

    ・個々の消費パターン(購買商品、価格、趣向) ⇒ POS,電子マネー決裁を通じて、クラウド内のデータベースへ
    ・個々の行動パターン     ⇒ GPS機能付き携帯により、クラウド内のデータベースへ
    ・食の趣向、コンテンツ趣向・・・          ⇒ 家電製品からクラウド内のデータベースへ

    等々、個人にまつわるあらゆるデータの採取が可能となり、より効果的なマーケティング、広告戦略が可能となる。(アマゾンのリコメンド機能の拡張版といった感じ。本だけでなくすべての消費財がこの仕掛けに乗っかるイメージ)

  • 最近パナソニックが生産管理で導入することでも話題になった「クラウド・コンピューティング」について初めて触れる人でも、まとまっていて読みやすいと思う。

    それは、章毎にまとめがあるし、キーワードが強調されていたり丁寧に解説があるからかな。

  • 2009年くらいに読んだ

  • [ふわっとの向こう側]今やありとあらゆるところで目にするようになった「クラウド」という言葉。急速に広まったクラウド技術とその概念をIT初心者にとってもわかりやすく解説するとともに、クラウドが有する可能性や幅広い利用法について紹介した一冊です。著者は、家電やネットワークについて詳しく、フリーランスライターとして活躍されている西田宗千佳。


    技術として既に使ってはいても、「じゃあなんなんだ」と言われると説明に困る概念の一つだと思うのですが、具体的な事例やおこりから説明してくれているため、デジタルに弱い(自分のような)人でもサクッと読める内容になっています。本書を読むと、ここ数年でのデジタル分野での進化が一足飛びに起こったことを再確認させられました。


    理論的な側面にとどまらず、クラウドを利用すると何がどのように便利になるのかということも合わせて解説してくれるため、実践的な、日常的なレベルでも役に立つのが本書のもう一つの魅力。新しい技術に対する「受容力」が年々落ちてきていると自分では感じていたのですが、本書のおかげで少しデジタルに対する柔軟な頭を取り戻せたような気がします。

    〜クラウド・コンピューティングとは最初から一定の方向性を持った「技術」ではなく様々な技術動向が結果としてある「塊」として姿を現した「現象」なのである。〜

    なんとも新書っぽい新書でした☆5つ

  • 写真やデータはDropboxやGoogledriveに預け、音楽はストリーミングでスマホから聴く・・・。
    そんなことが当たり前の2015年の今日において、この本に書かれているのは何も目新しいことではありません。
    それはこの本が2009年の出版されたためであり、仕方がないともいえると思います。
    しかし、当時から2009年からクラウドコンピューティングだと世間で騒がれていたのであろうことを考えると、本格的に”クラウド”を実感できるようになってきたのはここ2~3年ではないだろうかという気がする。
    著者は本書の最後にマス向けと処理能力を求める人向けのでパソコンは文化していくだろうと語っているが、最近のタブレットなどの登場がそれを象徴しているようで著者の先見の明を感じさせる。

  • 4年前の本としては先進的で今読んでも的を射ている感じを受けるが、やはりIT業界の4年間というとかなり古臭さも感じる。
    一番バズっていた時期のクラウドはロマンもあるしワクワクしていたことに気づいた。
    また、WEB2.0からの流れについて書かれているのも良い。
    クラサバ、P2Pとの違いも解りやすい。

  • 1:クラウド・コンピューティングとは
    ネットの持つ力を活用した、新しいコンピューティングの方法。ワープロやメールなどのアプリケーションソフトもデータもネット上にあって、必要なとき、必要な場所で呼び出して使うというイメージ。「雲から降る雨」のようにコンピューターの能力や情報が降ってくるというイメージからそう名付けられている。

    2:バズワード
    ユビキタス、Web2.0など生まれては消えていく用語。
    それは、商売を生み出すために考えられてたマーケティングのための言葉であるという理由で泡沫的に出ては消えていく傾向にある。クラウドもバズワードの一つになりそうだが、コンピューターのあり方を示す上で「クラウド的」な言葉・概念はこれから先も言葉を変えても生き続けるだろう。
    現に、1960年代にも「ユーティリティ・コンピューティング」という概念があった。これは、電気・水道のように公共インフラ(ユーティリティ)を利用した分だけ対価を払うというシステムを、コンピューターの世界も利用料に基づいて対価を払うという考え方。

    3:P2Pとは
    ピア・トゥー・ピアのことで、サーバーなしでデータの共有をすることができることをいう。

    4:ユビキタスとは
    ラテン語の「神の遍在」という単語からきている。

  • 三年前の本だけど、すでに歴史の本を読んでいるようだった。

  • ソフトウェアのツールからサービスへの移り変わりを実感。
    クラウドの意味がボンヤリしていたから読んだのだが、実際のところボンヤリしたものがクラウドだと。
    最近騒がれてるクラウドだが、昔から同じような考えは存在し(クラウドなどの言葉は当然なかった)、あたかも新しい風潮のように騒ぐなとオラクルCEOのラリーエリソン氏が言う。まさにその通り。

  • パソコンの歴史がよくわかる。
    クラウド=雲だったのか~、から
    ローカルのパソコンでデータを保存するのでなく、
    コンピュータの向こう側にデータがあるという考え方。

全90件中 1 - 10件を表示

クラウド・コンピューティング ウェブ2.0の先にくるもの (朝日新書)のその他の作品

西田宗千佳の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

クラウド・コンピューティング ウェブ2.0の先にくるもの (朝日新書)はこんな本です

クラウド・コンピューティング ウェブ2.0の先にくるもの (朝日新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする