アトリエの巨匠に会いに行く ダリ、ミロ、シャガール… (朝日新書)

著者 : 南川三治郎
  • 朝日新聞出版 (2009年6月12日発売)
3.42
  • (1)
  • (5)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
  • 38人登録
  • 5レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (172ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022732811

作品紹介

アトリエは、アーティストのヒミツの発想工房だ!アトリエの片隅を飾る品々は、必ず作品の上に現れる!1970年代、オイルショックによる不況の嵐の中、仕事を失った若き日本人フォトグラファーが単身渡欧。巨匠シャガール、キリコ、ダリや、取材嫌いで有名なミロ、バルテュスビュフェなど、300人以上のアーティストを訪ね、その創作のヒミツをカメラでとらえた。

アトリエの巨匠に会いに行く ダリ、ミロ、シャガール… (朝日新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 著者が様々な芸術の巨匠に会いに行く。
    だれもが知っているような方もいれば、こんな作品を作る方もいたのか!と、新たに知ることもできた。
    何よりも、作品について、というよりも巨匠その人について語っているのが面白い。

    写真は少しだが、フンデルトヴァッサーが気になった。
    アントニ・クラヴェーのアトリエは何だか魅力的に見えた。
    ロイ・リクテンスタインの作品はどこかで見たことあるような、、

  • [ 内容 ]
    アトリエは、アーティストのヒミツの発想工房だ!
    アトリエの片隅を飾る品々は、必ず作品の上に現れる!
    1970年代、オイルショックによる不況の嵐の中、仕事を失った若き日本人フォトグラファーが単身渡欧。
    巨匠シャガール、キリコ、ダリや、取材嫌いで有名なミロ、バルテュスビュフェなど、300人以上のアーティストを訪ね、その創作のヒミツをカメラでとらえた。

    [ 目次 ]
    第1章 泣く子も黙るグラン・メートル…(マルク・シャガール ジョアン・ミロ サルヴァドール・ダリ ほか)
    第2章 時代の寵児たち(ロイ・リクテンスタイン ベルナール・ビュフェ ジャン・ピエール・レイノー ほか)
    第3章 心友となったアーティスト(セザール シンディ・シャーマン アルマン ほか)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • せっかく大物の画家に会いに行ってるのにエッセイが短すぎて彼らの人となりがいまいち分からない。
    すごく勿体ない一冊だと思う。
    画家の代表作も載せて欲しかった。
    撮った写真もインタビューした質問ももっと沢山あるはずなのに、なんでこんなにはしょってるの??

    ・シャガールのアトリエ兼住まいは南フランスニースのサン・ポール・ド・ヴァンスにある。
    ・ミロの家はスペインのマヨルカ島。

全5件中 1 - 5件を表示

南川三治郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
村上 春樹
東野 圭吾
村上 隆
村上 春樹
ジャレド・ダイア...
ヘミングウェイ
有効な右矢印 無効な右矢印

アトリエの巨匠に会いに行く ダリ、ミロ、シャガール… (朝日新書)はこんな本です

ツイートする