アルツハイマー病に克つ (朝日新書)

著者 :
  • 朝日新聞出版
4.00
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022732910

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 現状
    ・早期発見により進行を抑える,または止めることが可能.
    ・進行の回復はこれから.
    ・治療法
     -ワクチン療法
     -抗体療法
    ・特許,治験等が実用化への壁

  • アルツハイマー病について、現在の解明されているメカニズムやそれに対する薬やワクチンの開発について主に書かれている。
    薬の研究開発における障害となる特許や国とのしがらみ等も考えさせられる。
    最後に書いてあるアルツハイマーにならないための自分でできる予防は役に立つ。

  • 09/08/22

  • アルツハイマー病は末期になると、患者が人間らしさを失っていくと同時にまわりの人が大変な思いをする悲しい病である。老人の病気とも考えられがちだが、若くしてこの病気を発症することもあり、その場合は進行もはやく、必ず死に至る。
    現在はまだこの病気の治療薬は存在しないが、研究段階ではやや明るい兆しが見えはじめていることを本書で知ることができた。5年から10年先になるかもしれない治療薬の開発まで、健康な人も予防に心がける必要あり。

全4件中 1 - 4件を表示

アルツハイマー病に克つ (朝日新書)のその他の作品

田平武の作品

ツイートする