逆境経営7つの法則―会社が甦る (朝日新書)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.50
  • (1)
  • (4)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 43
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022732965

作品紹介・あらすじ

悪化する業績を前に、ただ嘆いていても始まらない。朝の来ない夜はない。トンネルには必ず出口がある。暗闇の中でこそ、足元を見つめ直して組織を変革しよう。トヨタ、パナソニック、資生堂…。優良企業の事例を元に、気鋭の経営学者が生き残る企業の条件を探る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2014年92冊目。

    タイトルの通り、企業が逆境に陥いりそこから脱する際に必要な7つの法則+5つの秘訣。
    著者が、「経営学者=アカデミー(A)」「ビジネスマン(B)」「コンサルタント(C)」と多くのジャンルんの経歴を持っているのが興味深い。
    逆境からの再生の事例も、誰もが知っている企業のものなので親しみやすい。

    ①壊すことから始める
    ②カネを惜しむな
    ③何があっても「顧客満足」
    ④「威張らない上司」を養成せよ
    ⑤社員がのびのび働ける環境をつくろう
    ⑥「らしさ」で団結
    ⑦社会から離れない

  • 逆境経営を乗り越えるには、壊すことから始める ようだ。

    トヨタの奥田社長の言葉
    ・・・「何も変えないことが最も悪いことだ。それができない人は何もしなくてもよいから、せめて邪魔だけはしないでほしい」

    これは強烈や。^_^

  • 会社を蘇らせるためのポイントとは?

    →それまでとさ発想を変えてビジネスに臨む
    特に過去の成功体験に引きずられないよう注意する
    また、自分で考えて発想できる社員を育てている企業は逆境に強い
    そのためにもサーバントリーダーシップ(部下の成長のために何ができるかを常に考え行動する)を社内の仕組みとして徹底させる

  • 起業するのも面白いかもね

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1947年生まれ。神戸商科大学(現・兵庫県立大学)卒業、㈱資生堂を経て1999年駿河台大学へ奉職、現在駿河台大学経済経営学部・大学院総合政策研究科教授。

「2017年 『新装版 三方よしに学ぶ人に好かれる会社』 で使われていた紹介文から引用しています。」

逆境経営7つの法則―会社が甦る (朝日新書)のその他の作品

水尾順一の作品

ツイートする