「子供のために」を疑う 10代の子供を伸ばす7つの知恵 (朝日新書)

著者 : 二神能基
  • 朝日新聞出版 (2009年9月11日発売)
3.15
  • (0)
  • (6)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • 本棚登録 :47
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022732972

作品紹介・あらすじ

3歳までは王様のように大切に、7歳から12歳までは召使いのように訓練し、15歳からは自主性を尊重して育てる。たとえば、このインドの格言のような知恵が、今の日本の子育てには失われてしまっている。4000組の親子を見てきた著者が語る、肩の力を抜いて、子供を伸ばす7つの知恵。

「子供のために」を疑う 10代の子供を伸ばす7つの知恵 (朝日新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読み始めたとき、よくあるハウトゥ本かと思ったけれど違いました。
    支援活動と、自らの子育てを通して得た著者のアドバイスは、参考になります。
    あとがきを読んで、暖かい人だと感じました。

  • [ 内容 ]
    3歳までは王様のように大切に、7歳から12歳までは召使いのように訓練し、15歳からは自主性を尊重して育てる。
    たとえば、このインドの格言のような知恵が、今の日本の子育てには失われてしまっている。
    4000組の親子を見てきた著者が語る、肩の力を抜いて、子供を伸ばす7つの知恵。

    [ 目次 ]
    第1章 中学受験の勉強は、「小学6年生から」で充分―子供を燃え尽きさせない、賢い進路選択(2009年春の大学入試結果が示した変化;子供に中学受験をさせる目的は? ほか)
    第2章 親子の日常会話と生活習慣―何気ない日々のやりとりを点検してみる(親の何気ない一言が子供に与えるインパクト;子供をリラックスさせる口ぐせ、ストレスを与える口ぐせ ほか)
    第3章 親子間のトラブルにどう対処するか―思春期の親子問題に「簡単な解決法」などない(子供の口答えは親離れの1つ;親がオロオロしてはいけない ほか)
    第4章 子供を襲うトラブルへの知恵ある対応―友達関係、いじめ、不登校、ニート(子供の何を成長ととらえるか;「友達と気まずくなった」と言われたら ほか)
    第5章 親「以外」の人生も楽しんでますか?―子供を伸ばす親、ダメにする親(「理想の家族」像の押し売り;親が多様な価値観に触れているか ほか)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 【夢ゼミ2010年04月オススメ本】
    著者は、中学受験塾の経営者だった方です。今はニート支援のお仕事に携わっていらっしゃいます。
    「子供のために」と思ってさせた中学受験が、逆に子供を潰してしまうことがある・・・と著者は言うのです。ならば、私達親は、子供のためにと思って何かを始めようとする時、一度立ち止まって、じっくり考えてみる習慣を持つべきでしょう。“子供を伸ばす知恵”、それこそが、親の知るべきことなのかもしれません。

  • 10年3月1日購入
    10年3月 日読了
    09年9月30日第1刷

  • -

    著者は中学受験塾、幼稚園経営を経て、現在はニート支援のNPOを設立運営しているという少し変わった経歴。最近増えている友達のような親子関係は、子供が悩みをかかえる世代になったとき、支えとなる親が存在しないことで問題が生じると語る。また、親の自己満足のため、子供を誘導することにも否定的。親子関係は子供の年齢と共にほどよい距離を保ちつつ、成長を見守るとが大切なのであろう。
    核家族化が進んだことで、親自身がどのように振舞ってよいかわからないことが多い。そのような場面で、本書は具体的な問題対処事例も多く、参考になると思う。

全5件中 1 - 5件を表示

「子供のために」を疑う 10代の子供を伸ばす7つの知恵 (朝日新書)のその他の作品

二神能基の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

「子供のために」を疑う 10代の子供を伸ばす7つの知恵 (朝日新書)はこんな本です

ツイートする