秋山兄弟 好古と真之 明治の人材はいかにして生まれたか (朝日新書)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.77
  • (1)
  • (8)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022733061

作品紹介・あらすじ

明治日本という国とその国民の質の高さが秋山兄弟という軍事的天才を生み出した。これまで軍事的要素を中心に語られることが多かった秋山兄弟。彼らを生み育てた明治日本という背景を考察することで、人材が生まれる社会、条件とは何かを探る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 新書文庫

  • 『坂の上の雲』で有名な秋山好古、実之兄弟について綴った一冊。

    司馬遼太郎の影響か、とかく神格化されがちな秋山兄弟を冷静な視点で分析している。
    また最終章では『坂の上の雲』にも出てくる、日露戦争時に活躍した軍人、技術者についても触れており、それについて的確に書かれているように思えた。

  • 2014年6月4日読了。

  • 「坂の上の雲」でお馴染み?の秋山好古・真之兄弟の日露戦争における軍事的功績や、育った環境、明治日本という背景を考察しながら「いかにして人材が生まれるのか」エピソードを中心に分かりやすくまとめる事が本書の主旨。

    日露戦争のきわどい勝利、その勝因を無理にまとめれば人・物・金が絶妙のタイミングでそろったということだと思う。それは
    ・立身出世して世のため他人のために尽くせと教育された向上心を持つ「人」材
    ・下瀬火薬や無線機などの優秀な武器「物」
    ・高橋是清の不思議な縁で調達できた戦費「金」
    である。

  • [ 内容 ]
    明治日本という国とその国民の質の高さが秋山兄弟という軍事的天才を生み出した。
    これまで軍事的要素を中心に語られることが多かった秋山兄弟。
    彼らを生み育てた明治日本という背景を考察することで、人材が生まれる社会、条件とは何かを探る。

    [ 目次 ]
    第1章 戦闘開始―日露戦争の現場で
    第2章 赤ん坊をお寺にやっちゃ厭ぞな―深い兄弟愛
    第3章 秋山兄弟、近代教育に漬かる―最初は軍人志望ではなかった二人
    第4章 初陣・日清戦争―騎馬と軍艦
    第5章 海外で専門教育を受ける―ナポレオンとマハン
    第6章 秋山兄弟以外の「秋山」たち―下級武士を動かしたもの
    終章 秋山兄弟の遺産―何を残し、何を残せなかったのか

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 坂の上の雲の復習。後日談が少しのっているけど、その辺はあんまり興味ないのでスルー。あと、著者の解釈とか内容が薄いしどうでもいいので事実だけを淡々と語ってくれればいい。

  • 筆者のコメントが示唆に富んでいて、面白い。

  • 「国」を良くしようと頑張る。
    「公」のために尽くす。
    秋山兄弟に共通することだ。
    「国」「公」を人に置き換えると、この本の内容がかなり身近になる。

    自分の能力を高めるため勉強及び見聞を広げること、
    自分の持てる材料をどのように活かして人のために頑張れるか、
    そこは私自身も努力しなければいけない。
    また、自分が体言化することも必要になる。
    その日が来るまで時を待ち、準備が必要だ。
    そのようなことをじんわり感じさせる本である。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

作家、政治史研究家

「2018年 『「大日本帝国」失敗の研究【1868-1945】』 で使われていた紹介文から引用しています。」

秋山兄弟 好古と真之 明治の人材はいかにして生まれたか (朝日新書)のその他の作品

瀧澤中の作品

ツイートする