奈良 秘宝・秘仏の旅 (朝日新書)

  • 朝日新聞出版
3.60
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022733214

作品紹介・あらすじ

平城遷都から1300年の時を経て、いまに伝わる古都の町並み-特別開帳が行われる52社寺に番外編を加えた54カ所を、朝日新聞奈良総局の古寺社・考古学担当記者がていねいに解説、その多彩な魅力を6つのルートでたどる。秘宝・秘仏にまつわる故事来歴に触れることで、旅はまた一段と面白く、味わい深くなる。奈良の寺社めぐり決定版。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • [ 内容 ]
    平城遷都から1300年の時を経て、いまに伝わる古都の町並み―特別開帳が行われる52社寺に番外編を加えた54カ所を、朝日新聞奈良総局の古寺社・考古学担当記者がていねいに解説、その多彩な魅力を6つのルートでたどる。
    秘宝・秘仏にまつわる故事来歴に触れることで、旅はまた一段と面白く、味わい深くなる。
    奈良の寺社めぐり決定版。

    [ 目次 ]
    第1章 ならまちを歩く(奈良市中心部)
    第2章 ひと足のばして(奈良市北部・郊外)
    第3章 佐保路から西の京をめぐる(奈良市東部・西部)
    第4章 生駒・矢田から斑鳩を訪ねる(奈良県西部・中部)
    第5章 山の辺・伊勢路をたどる(奈良県東部)
    第6章 葛城・飛鳥・吉野へ(奈良県西南部・南部)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 「へえ~」だけ記します。

    ●脱乾漆像…漆がとても高価で、奈良時代は米の20倍の値段。八部衆を復元した際に、1キロ1万円の漆を10㌔、180万円を使った(今の値段で)。

    ●「五劫」…ヒンドゥー教で216億年にあたる。1劫は「天女が3年に一度天から舞い降りてきて20キロ四方の大岩をヒトナデしていき、岩がついに擦り切れて無くなるのが1劫」だと。

    ●西大寺の建立…764年恵美押勝の乱の際に、孝謙上皇が欄の勝利を祈願して四天王を造立したが、乱に勝利したために伽藍を設置したのが西大寺。

  • 2010.03.21 朝日新聞で紹介されました。

全4件中 1 - 4件を表示
ツイートする