私の「歌舞伎座」ものがたり (朝日新書)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.67
  • (2)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022733221

作品紹介・あらすじ

歌舞伎座は平成二十二年春、建替えとなって、親しまれたあの建物が東銀座から消える。五歳になった昭和十六年から歌舞伎座に通いはじめて、六代目菊五郎、初代吉右衛門はもとより戦後再建された歌舞伎座五十八年間の舞台はことごとく見てきた。そんな劇評の第一人者が、魔ものが棲むという劇場でくり広げられる祝祭と、数々の名舞台をふりかえる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 筆者の歌舞伎と歌舞伎座への思い入れを共感できる本。

  • 劇評家の渡辺保さんが、自身の観劇歴をまじえつつ、歌舞伎座の名舞台を振り返る。。歌舞伎ビギナーにも見巧者さんにもオススメな1冊。
    伝統を守るというのは、つまり新しい時代を切り拓いていくこと、変化し続けることなんだなーと思えてきます。

  • [ 内容 ]
    歌舞伎座は平成二十二年春、建替えとなって、親しまれたあの建物が東銀座から消える。
    五歳になった昭和十六年から歌舞伎座に通いはじめて、六代目菊五郎、初代吉右衛門はもとより戦後再建された歌舞伎座五十八年間の舞台はことごとく見てきた。
    そんな劇評の第一人者が、魔ものが棲むという劇場でくり広げられる祝祭と、数々の名舞台をふりかえる。

    [ 目次 ]
    魔性の棲家
    改良座
    劇場の顔
    歌舞伎座再開場
    「源氏物語」と歌右衛門襲名
    吉右衛門の花道
    莟会の熱狂
    人間国宝の会
    二人の名女形
    「黄金の丘」〔ほか〕

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 生き字引による想い出書き。歌右衛門の舞台を見ていないのが何としても悔やまれる

  • 2010.03.14 朝日新聞で紹介されました。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1936年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、東宝入社。東宝演劇部企画室を経て、演劇評論家、放送大学客員教授。『女形の運命』で芸術選奨文部大臣新人賞。『娘道成寺』で読売文学賞。『忠臣蔵』で平林たい子文学賞。『四代目市川団十郎』で芸術選奨文部大臣賞。その他、『江戸演劇史』『明治演劇史』『歌舞伎の見方』など著書多数。

「2017年 『戦後歌舞伎の精神史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

私の「歌舞伎座」ものがたり (朝日新書)のその他の作品

渡辺保の作品

ツイートする