勝間和代・上大岡トメの目うろこコトバ (朝日新書)

著者 :
制作 : 上大岡トメ 
  • 朝日新聞出版
3.41
  • (5)
  • (31)
  • (29)
  • (7)
  • (2)
本棚登録 : 225
レビュー : 41
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022733511

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 目うろこコトバを知りたくて読書。

    発売済みの勝間さんの本で紹介してきた言葉を集めた本。上大岡トメさんのイラストがいい感じ。

    32 批判は認められたい欲求の裏返しである(p144~)
    特に印象に残った言葉。

    14 妬まない、怒らない、愚痴らない(p70~)
    以前から勝間さんの本で目にする言葉だが、最近、この重要性を考え始めている。

    30代前半、独立してから自分の時間、自分を大切にすることは優先度を上げる価値があると学ぶことができた。飲み会や人との交流はもちろん大切、しかし、それと同じかそれ以上に自分と対峙し、最大の理解者である自分を大切に一日一日を完結させることが、周りの幸福する現実的な方法だと30代後半になって分かってきた。

    自己客観視、自己分析の不足を感じた。

    それにしても勝間さんが人生で影響を受けた名言を本にして出版できることはすごく満足度や自己実現が高いのだろうなとビビビっと刺激される。

    読書時間:約45分

  • 勝間さんのこれまでの書籍の中で書かれていた言葉が
    トメさんのイラストとともに紹介&まとめられている本。

    これまでに勝間さんの本を読んできた人には新しい発見はないが、
    逆に、まだ勝間さんの本を読んだことが無い人には
    最初の一冊として読みやすいと思う。

  • 私たちの脳は、新しいやり方を「失敗による消去法で覚えていく」。ですから、勝負事なら、勝った回数よりも負けた回数の方が私たちを成長させるのです。したがって、チャレンジの回数を増やすと、「負け」も減って行き、結果が出やすくなります。
    生きがいが見つからないうちは、どんなにつまらないと思えることでも、目の前のことからしっかりと成し遂げた方がいい。そうするうちにだんだん新しい目標が見つかり他人に喜んでもらえるスキルが身につく。「自分を幸せにして欲しい」と周りに求めるのではなく、逆に自分が周りの人に何をしたら喜んでもらえるだろう、と考えていく方が、実はずっと簡単に、安定して幸せになれるのです。私たちが一番、継続的に努力を続けられるのは「自分がやりたいこと×他者を幸せにする」ことなのです。

  • 一行に凝縮された知恵が、著者の経験や引用を通して「なるほど」と納得して理解する事ができた。
    加えて、上大岡さんのイラストが、クスッと笑いを誘ってくれるので、楽しく学ぶことができた。

    壁にぶち当たった時、悩んだ時に思い出したい本。

  • 期待以上。テレビとかで見てる勝間さんより、親しみを感じます。生まれた時から強くて成功続きの人ってイメージでしたが、たくさん悩んで考えて今の勝間さんになったんですねと。
    「そうっそれっ」と思えるところがたくさんあって、ちょこちょこ読み返してます。

  • これまでもやもやとしていたことが、本を通じて言葉になり、その言葉が五臓六腑に染み渡るような本でした。自己啓発本は色々読みますが、わずか1行に凝縮されることでここまで分かりやすさ格段にあがります。昔読んでいたことはこういうことだったのかと今更分かることもしばし。上大岡さんの漫画もイメージしやすく大変読みやすい形になっていると思います。

  • 151019

    120329
    欲しいものを明文化。迷ったらやってみる。一日0.2%の改善。現実を変える努力を自分で。

  • 勝間氏の今までの本で書かれている言葉を「目うろこコトバ」
    としてまとめて読みやすくされていた。
    他の本を今まで読んできた人にはもの足りないかも?

    これまでの本をとくに読んだ子のない人にはおすすめ。
    上大岡トメさんのイラストが入りやすくかわいかった!

  • 【図書館】
    勝間さんの過去の書籍の内容が、上大岡さんの絵と共に分かりやすくすっきりとまとめられていて、とても読みやすかった。
    PDCAサイクルに当てはめて章が構成され、1つのコトバの説明がどれも4ページにまとめられている(文章自体は約2ページ)。
    1度通して読んでしまえば、あとは目次を読むだけで内容が思い出せる簡潔さがいいと思う。

  • 言葉にすることが思考である
         
    夢は語り続ければ実現する

    無意識と意識の架け橋となる「コトバ」を大切に

    学ぶことはまねること

全41件中 1 - 10件を表示

勝間和代の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
フィリップ・マグ...
有効な右矢印 無効な右矢印

勝間和代・上大岡トメの目うろこコトバ (朝日新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする