就活の勘違い 採用責任者の本音を明かす (朝日新書)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.70
  • (7)
  • (12)
  • (11)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 131
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022733573

作品紹介・あらすじ

就活は運やタイミングの支配を受けるもの、自己分析を金科玉条にするのはおかしいなど、採用担当者だった著者が、就活生の常識をくつがえす視点で解説。採用側の最後の決断とは何か、就活の真実を明かし、ツキを呼び込むためのポイントなど対処法のコツを指南する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 著者は、大手企業の人事担当を約20年務め、その後も大学でゼミを持ち学生の就活を支援すると同時に、著者自身の娘の就活にも「伴走」するなど、採用する側とされる側の両方を経験的に知っている稀有な経験の持ち主である。

    巷には、就活生向きの本や人事採用者向けの本などはあるが、その両者の立場を経験した著者による本というのはあまり多くない。
    その点だけでも本書の価値はある。

    また、内容はといえば、基本的には就活生向けに書かれているものの、類書とは異なり非常にシンプルで実践的である。
    どの辺がと言えば、採用側の採用基準は、「自分の部下として一緒に働きたいかどうか」に収れんするという。また、これを就活生の立場から見ると、年代や価値観の異なる上司や同僚とうまくやっていけるかどうかが問われているとする。

    類書ではこれをコミュニケーション能力などといっているが、本書のように具体レベルまでブレイクダウンしてくれると分かりやすい。

    このように採用とは一緒に働く仲間を探す行為だとすると、学生が行う自己分析も自己完結するものではなく、それを聴く面接官の視点からどう構成できるかが重要になる。

    また、就活のように未知の世界に行く際には、自己を分析して、能力を高め、資格などを取得するという方向に行く人が多いであろうし、類書の多くもそれらをよしとする傾向にある。
    が、本書では、人は頭で考えて新たな行動を展開するより、行動して新しい思考方法を見出すほうが自然といい、就活の局面においては、自らの足で志望する会社を積極的に訪れたり、リクルーターをはじめ色々な社会人とすすんで接点をもつことで、自分自身をみつめ修正することにより、いわゆるコミュニケーション能力が上がるという。

    最後に、著者は就活などは学生にとってははじめてのことで不安も多いだろうが、「不安の反対語は、安心ではなく行動である」と喝破されている。
    まさに本書の基本理念を表した言葉といえよう。

  • 配置場所:広3新書
    資料ID:93113082
    請求記号:081||K

  • 現在の就活生が抱える課題
    1.採用側のことが見えていない
    2.会社(組織)で働くという視点をもてない
    3.異質な人との出会いや自己表現する機会が不足している
    4.就活は努力だけではうまくいかない

    何のために働くの?をひとつではなくふたつ考えてみる

    エントリーシート
    一つの主題とひとつのエピソード
    何ができる、何をしたか、よりも
    自分がどのように変化したか

    就活を通して、認識が変わることが大事だと思う。御社しか受けていません、っていう学生はうちにはいらないかも。

  • S377.9-アサ-257 300143757

  • 就活を控える大学生は読むと参考になるかも。

  • あと1週間もたたずにいよいよ就活本格化する学部三年生であるが、これは面白かった。マニュアル本ではないため、内容を素直に受け取ることができた。これは就活生として買いである。
    大判スケジュールで自分の状況確認をすることは必ず行おうと思う。

  • 資料ID : 11002062
    所在 : 展示架
    請求記号 : 377.9||Ku93

  • 著者はしっかり娘さんの就活につきあっていたのだなぁ。すごいなぁ。まねできないなぁ。親はあてにせずがんばれ我が子。
    新しく知った言葉「リクルーター」「有価証券報告書」
    しつこいほどに繰り返されていたこと…「採用は、一緒に働く仲間を探す行為」で、それは面接で決まる。

  • ああ、確かにそうだなぁと納得できるコメントが多い。でも見方によってはこれも就活のマニュアル本になってしまうかもしれない。本当は、こういうことを本で学ぶのではなく現実を体験して感じられることが大事なんだろうけど・・・

  • 元企業での採用担当者であり、実子の就職活動を客観的に観察した視点から、現在の就職活動のあり方や問題点、対処法を助言している。
    実子との二人三脚で取り組んだ就職活動を記した本はとても珍しく、自分としては初めて読んだ。
    それだけに冷静に状況を観察しており、ヒントとなることがとても多かった。

全19件中 1 - 10件を表示

プロフィール

著述家
1979年、京都大学法学部卒業後、大手生命保険会社入社、人事・労務関係を中心に、経営企画、経営管理部門を歴任ののち、2015年退職。在職中より、関西大学商学部非常勤講師を務める一方、ビジネスパーソン200名にロング・インタビューを重ねる。朝日新聞beに「こころの定年」を1年余り連載。著書に『人事部は見ている。』『働かないオジサンの給料はなぜ高いのか』『左遷論』などがある。

就活の勘違い 採用責任者の本音を明かす (朝日新書)のその他の作品

楠木新の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
常見 陽平
ヴィクトール・E...
デール カーネギ...
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

就活の勘違い 採用責任者の本音を明かす (朝日新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする