激変! 日本古代史 卑弥呼から平城京まで (朝日新書)

著者 : 足立倫行
  • 朝日新聞出版 (2010年10月13日発売)
2.93
  • (0)
  • (10)
  • (25)
  • (9)
  • (2)
  • 本棚登録 :135
  • レビュー :23
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022733610

作品紹介

古代史最大のミステリー・邪馬台国が、霧の中から姿を現す-!?古都に「卑弥呼の陵墓」を訪ね、吉備・出雲で墳丘墓を間近に見る。九州で「弥生人の声」に耳を傾け、上毛野では「軍馬の足音」を聞く。さらに、聖徳太子と大化改新の謎を追い、まさに東奔西走、南船北馬。ノンフィクション作家による考古学の最前線ルポ。

激変! 日本古代史 卑弥呼から平城京まで (朝日新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 筆者の筆力が確かだから、上質のノンフィクションとして読める。歴史を語るときに、こんな形式があるってのはなんか新鮮だったなー。

    欲を言えば、『妖怪と歩く』のときみたいに、もうちょっとセンチメンタルな描写があったらうれしかった。

  • 邪馬台国に卑弥呼がいたのではないという説はおもしろい。

  • 邪馬台国論争などの古代史の論点を、ルポタージュ風に追った本。
    様々な研究者や論者にインタビューを周り、論争の奥深さを知る事ができるのが、初学者な私にはとても親切。
    しかし、後半で著者が傾倒する理論がメインに据えられている為、中立的な観点ではなくなっていくのが、不自然かも。
    著者の評価は最後に少し記すくらいにしてくれると、議論の入門としてはベターだった気がします。別にそういう意味でこの本を書いたわけじゃないんだろうけども。

  • 手軽に古代史ロマンに浸りたくて読んでみた。

    研究者へのインタビューを中心としたルポがメイン。筆者自身は歴史や考古学については門外漢ということで、独自の見解といったものはあまり述べられていない。そのため、内容が薄いという批判もあるようだが、事前知識のほとんどない僕にとってはこの薄さはちょうどよかった。

    おなじみの邪馬台国はどこにあったのかという議論や、纒向遺跡と卑弥呼の墓と目される箸墓古墳の話、群馬が古代東日本の中心だった説など、魅惑的な薀蓄をいくつも仕入れられる。

    本の後半は、聖徳太子は実在しなかった説や、大化改新の新解釈、そして伊勢神宮の起源についての考察など、これって異端の説なんじゃないの?と言いたくなる話が次々と。やはり分かってることが少ないからこそ、想像を巡らせる余地があるという点が古代史の魅力と感じた。

  • 文字通り、日本古代史を綴った一冊。

    邪馬台国の場所、聖徳太子の存在など、現代でも定まってないことが多く含まれてるので、著者の主観によるところが大きいのは仕方ないところか?
    古代史の最新事情をざっと知るには都合が良いと感じた。

  • 文字を持たなかった、日本古代史の研究状況をルポ形式でまとめたもの。勉強にはなりますが、地元志向の研究が多いためどうも地元びいきとしか思えない研究成果があるような気がします。

  • 700年頃の歴史と伊勢神宮について読了。

  • 2010.11.30.4刷、並、帯なし、
    2013.3.19.伊勢BF

  • 210.3

  • 2012/7/3読了。

    古代史を巡る学会の最新の動向をコンパクトにまとめた本。広く浅く知るに良いが、邪馬台国から大化の改新、伊勢神宮まで、広い期間をカバーしている分、若干、消化不良の感を覚える。

全23件中 1 - 10件を表示

激変! 日本古代史 卑弥呼から平城京まで (朝日新書)のその他の作品

足立倫行の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ・P・...
村上 春樹
村上 春樹
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

激変! 日本古代史 卑弥呼から平城京まで (朝日新書)はこんな本です

激変! 日本古代史 卑弥呼から平城京まで (朝日新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする