国際ビジネス勝利の方程式 「標準化」と「知財」が御社を救う (朝日新書)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.36
  • (1)
  • (4)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 51
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022733641

作品紹介・あらすじ

技術力で独自の進化を遂げた日本国内産業だが、「政・産・学・官」すべてが鎖国状態にある。突破のカギは、「国際標準化」と、「知財」の活用だ。国際標準の専門家が、日本経済復活の法則を伝授する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 著者の思いを込めて、衰退していく日本社会に警鐘を鳴らした書。標準とか知財とかは論旨にあまり関係なくて、産学官の癒着構造や、日本企業のビジネス戦略の欠如、他律的人材を育てるだけの教育(訓練)制度等を強く批判している。
    悲観的、一面的、短絡的な印象が強くて、結構いいことを語っていると思われるのに、あまり腑に落ちてこないのが残念。

  • ルール形成4冊目です。

    これまでの3冊とは違って、標準化以外にもかなりの分量を割いており、独特な感じでした。

  • 決めつけに思える記述も目立つが、原理原則の大切さや、自ら仕掛けることの必要性が伝わった。
    大義名分の本音や、標準化で誰が得するかなどの視点は、とても参考になった。

  • -

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

桜美林大学特任教授。経済産業省と農林水産省の「国際標準化交渉人材育成講座」の主任講師。1970年から2010年までソニーに勤務する傍ら、ジュネーブの国際電気標準会議(IEC)の標準管理評議会(SMB)日本代表委員や電子実装技術専門委員会(TC91)国際幹事を務めた。著書に『世界市場を制覇する国際標準化戦略』(東京電機大学出版局、大川出版賞受賞)、『国際ビジネス勝利の方程式』(朝日新書)、『ソニー 失われた20年』、『ソニー 破壊者の系譜』(以上、さくら舎)。

「2017年 『実録・交渉の達人ーー国際標準化戦争秘録』 で使われていた紹介文から引用しています。」

原田節雄の作品

ツイートする