下着の社会心理学 洋服の下のファッション感覚 (朝日新書)

  • 朝日新聞出版
3.13
  • (2)
  • (6)
  • (10)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 98
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022733665

作品紹介・あらすじ

本来、外からは見えないはずの下着に、女性たちはなぜこだわり、なぜオシャレをするのか?20代から70代まで、のべ1万人の調査から明らかになった、彼女たちの想いと行動の実態。女性にとっての下着とは、男性の期待に媚びるためのものではなく、自分たちの美を誇り、気持ちを鼓舞し、安心や充実感を得るためのアイテムなのだ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 全体としてちょっと硬すぎる感もあるのだけど、ミョーに説得力があったのが「下着まで見えてしまいそうなくらい短いスカートをはいている女子高生」について論じたくだり。

    駅の階段を上る際、スカートを押さえる彼女たちを見て、著者同様、「隠すなら、はじめからそんな格好はしなければよい」と思っていたんだが、「見せる露出は恥ずかしくないが、見える露出は恥ずかしい」、それがホンネなんだとか。

    下着の歴史と女性の価値観の変遷も俯瞰していて、“教養”として読んどくのはアリかも。

  • カテゴリ:教員著作物
    人間関係学科:菅原健介教授の著作物

  • 2010年刊。タイトルに添う部分は余り多くはなく、下着の成立過程(戦後に大衆化)、変遷(特にバブル前後)にも言及。下着が主に男性目線を意識したものでない点はよく言われる。ただ、羞恥心(下着姿や肌の露出)がいかな場合に成立するか?はなかなか面白い。それは、時代背景や環境、経験により差異を生むが、総じて、他者の目線・言動・環境から性的な匂い、雰囲気が醸し出された時に発生(時には、ある言動だけから生じる場合も)。また、体型に関する女性の意識変化、華奢か豊満かで下着に期待する意味が違う点等言及し辛い事項も検討。
    また、アンチエイジングに対する女性ごとの姿勢の違い、下着に対する期待の差異は、実に今風でなかなかお目にかからない事項である。著者は聖心女子大学文学部教授。

  • 新書文庫

  • うーん。。

  • 下着は、女性自身の気持ちを盛り上げるためにあるという考察。
    下着の変遷、女性の身体の変遷についてデータから追いかけてありおもしろい。アメリカンなスタイルからツイッギーのスリム路線への移行、はたまたアンチエイジングまで。戦前ほとんど普及していなかった下着がこれほどまでに広がったというのは、あまり注目されていないが、文化的にも興味深い論点だと思われる。
    個人的には、昭和40年代までは、結婚すると下着をつけなくなるというエピソードに隔世の感を感じた。

  • 「恥ずかしいもの」「隠すべきもの」で、あった下着のという実用品が、かようなまでに、ファッション性を帯び、「見せるもの」に変遷してきた経緯やその心理の背景など。
    下着メーカーとの共同調査結果などが多数開示されているが、その考察については、納得感がある一方で、目新しさも少ない。もう少し科学的な分析解説が欲しかった。
    見えると恥ずかしいが、見せると恥ずかしくない。そんな心理は理解できるが、こうした論理的には矛盾するような心理事象を、もう一段掘り下げて欲しかった。

  •  欠かせない日用品でありながら、女性にとってそれ以上の存在である「下着」 性的な意味合い以上に、自らに寄り添い安心や気合といった影響を与えることをアンケート調査や文献の精査を通じて解き明かした良書。

  • 女性にとっての下着とは、男性の期待に媚びるためのものでなく、自分たちの美を誇り、気持ちを鼓舞し、安心や充実感を得るためのアイテムなのだ。
    なるほど、見せパンやチラチラとブラやストラップを見ても、
    「非常識な!」と思ったり(おそらく中年女性以降)
    「やった!」と思ったり(おそらく男性)
    そんな風に一喜一憂してはいけない時代になってきたのだ。。。

  • 下着について真面目に考えられる、そんな本でした。

全17件中 1 - 10件を表示

下着の社会心理学 洋服の下のファッション感覚 (朝日新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする