招かれざる大臣 政と官の新ルール (朝日新書)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.13
  • (2)
  • (4)
  • (13)
  • (3)
  • (1)
  • 本棚登録 :61
  • レビュー :13
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022733825

作品紹介・あらすじ

赤裸々に明かす。-厚生労働大臣在任367日間に、「伏魔殿」では何が起きていたのか?正直に反省する。-なぜコントロールできなかったのか?政と官の新しい関係は?具体的に提言する。-少子高齢化社会の「日本モデル」、消費税アップの三大課題、そして、民主党の進むべき道すじ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 環境には同情するが年金の告発には不安しかない

  • 本書を読んで感じたこと。上位の者が(例え決定権者であれども)自らにわかりやすい伝達内容、伝達方法に改め直すよう部下(この場合官僚)に言うのは、相当の長い期間言い続けないと変わらない。また民主党政権出来たての頃の誕生期に、著者曰くマニフェスト通りの公約実現、ならびに一般市民にわかりやすい政策調整過程の開示をするならば、肩肘張らずにはいられなかった。そのおかげで多くの官僚とは共闘体制が取れずに、時間がかかってしまった。官僚との会話でたくさんの時間をかけた結果、伝達手法、制度として培ったものがある。それが今も残っているか不明だが、対話をすれば付いてきてくれる人も出るのだ、というもの。

    著者の仕事としての成果を他方面から知らないので如何とも言えないが、強いてまとめれば業績は以下の通りか。
    ・伝達表現(特に文書)を誰にでもわかる表現に改めさせた
    ・国会質問への対応でも自分がわかるまで何度も聞き、直させ、自分の言葉で伝えられるようにした
    結局「コミュニケーション面で責任をもって大臣職務が行えるよう訴え続け、ひいては国民に伝わるとの意味で橋渡しをしました」ということか。それ以外あまり印象に残らなかった。

  • 2011/7/7
    年金王子の長妻さんが厚生大臣になって何もできなかったことの言い訳本。中立的に見ようと思ったけどこの本を読んで彼が嫌いになった。

  • 役所には倒産がない。潰れるかもしれないという危機感がないから、膨大な無駄を生み、税金を浪費し国民から糾弾されながらも胡坐をかいている。国民のニーズとは無関係に組織の膨張のみに血道をあげる厚生労働省。この伏魔殿での一年にわたる我妻大臣の孤軍奮闘の日々を綴る。マスコミ報道では圧倒的に悪い情報しか流れて来なかったため、手に取ったときは、どんな弁解、強弁をするのかとネガティブな目線でしか見ていなかったが、見方を大きく変えざるを得なかった。改めて報道の偏向性を思い知らされた。これからも国家国民のために頑張ってもらいたい。力いっぱいエールを送るものである。

  • 重要なのは、どんな政策を実行したかではなく、どのように国民に伝えるのかなのだなと再認識させられた。

  • 長妻さんって、民間企業(NEC)出身だし、二世議員でもないし、野党のときは厳しく自民党や官僚を追求していて、かなり応援していたんだけど、大臣になって苦労されていたような気がします。
    本書は氏が厚生労働大臣としての1年間を語ったもの。たしかに本書で指摘されているように、真正面から官僚という壁に相対して、一定の成果をあげたということもあったのだろうけど、1年では難しいですよね。ではなぜ1年しかできなかったのか?邪推ですが、そこに課題があるような気がしてなりません。
    清濁併せ呑む器量といいますし、野中郁次郎さんの「イノベーションの作法」にも、イノベーティブな成果をあげるには、真正面切った取り組みと同時に、マキャベリズム的な、周囲を合意にもっていく手法も併せて必要となると指摘されています。49:51でギリギリの判断をするのが政治家だとするならば、正々堂々とした議論、政策論と併せて、うまく官僚や世論をよい意味で誘導する力量もまた求められるのではないでしょうか。

  • 「日本中枢の崩壊」で紹介されていたので読んでみた。

  • 長妻大臣の本を読んでみた。官僚組織の異常さに、改めて驚いた。なによりも、国の為ではなく、自分の為に働いてる人が多いのかなという印象を受けた。特に、天下りの禁止の抵抗は、ビビッた。

    しかし、希望があるなと思ったのは、国のために働く官僚もいることが確認できた点だ。

    あと、国民も大臣がやっていることを知ることが大事なんじゃないかなと思った。新聞やテレビに踊らされるのは最悪。

  • 長妻前厚生大臣に関してはこれを読むまで勘違いをしていたように思う。彼は本当に民主党のマニフェストを実現しようと、もしかしたらただ一人頑張っていた人なのかもしれない。それが、官僚や同僚からのバッシングによって、放り出されてしまったようだ。これからも終始一貫頑張って欲しい政治家だ!

  • この政治家嫌いじゃないです。

全13件中 1 - 10件を表示

長妻昭の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
ウォルター・アイ...
古賀 茂明
ウォルター・アイ...
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

招かれざる大臣 政と官の新ルール (朝日新書)はこんな本です

ツイートする