ビジネスで活かす電通「鬼十則」 仕事に誇りと自分軸を持つ (朝日新書)

著者 : 柴田明彦
  • 朝日新聞出版 (2011年3月11日発売)
3.48
  • (13)
  • (17)
  • (31)
  • (6)
  • (2)
  • 206人登録
  • 19レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022733849

作品紹介

未曾有の広告不況にも強さを見せる電通。第4代社長・吉田秀雄が半世紀以上前に創った社訓「鬼十則」の教えは、今も古びない。辣腕をふるった元電通マンが、自らの仕事に十則をどう実践してきたか。あなたのビジネスに直結する「十則」活用術。

ビジネスで活かす電通「鬼十則」 仕事に誇りと自分軸を持つ (朝日新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ネタで読んだけどそこそこ面白かった。

    --
    情に訴えるセールスはせいぜい1回限り。

  • ■鬼十則

    A.理論、セオリー、方程式を知っているだけでは、、それを使いこなしている人には敵わない。
    使いこなすとは理論、セオリー、方程式を自分に引き寄せ、自分の頭で解釈し、自分なりの定義付けをし、実勢の場で何度となく使っていくうちに自分の思考と身体に馴染んでいくようなものではないかと思う。


    B.鬼十則
    1. 仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。

    2. 仕事とは、先手先手と働き掛けて行くことで、受け身でやるものではない。

    3. 大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。

    4. 難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。

    5. 取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……。

    6. 周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、長い間に天地のひらきができる。

    7. 計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。

    8. 自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない。

    9. 頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。

    10. 摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる。


    C.責任三か条
    1. 命令・復命・連絡・報告は、その結果を確認しその効果を把握するまではこれをなした者の責任である。その限度内に於ける責任は断じて回避出来ない。

    2. 一を聞いて十を知り、これを行う叡智と才能がないならば、一を聞いて一を完全に行う注意力と責任感を持たねばならぬ。一を聞いて十を誤る如き者は百害あって一利ない。正に組織活動の癌である。削除せらるべきである。

    3. 我々にとっては、形式的な責任論はもはや一片の価値もない。我々の仕事は突けば血を噴くのだ。我々はその日その日に生命をかけている。

  • 電通社員(ではなく、電通マンというらしいが)の行動規範とされている“鬼十則”を、元電通マンの筆者が自らの体験と重ねあわせて紹介している。
    勝手な想像ではあるが、著者には語るべき内容も、経験も人格も備えており、それを“鬼十則”という切り口で書かれただけなのではないか。

    電通マン、なので当然広告業界の話であり、私のような木っ端能吏には全く見聞きすることのない世界であるにも関わらず、著者の丁寧な描写のおかげで説得力に満ちているように思える。基本的な展開としては、著者がバリバリの若手電通マンであったときの“鬼十則”の理解が、自らの成熟とともに変わっていく過程を描かれており、謙遜も兼ねてかなり遠慮気味な表現が多く、失敗談も多い。
    しかし、著者の苦労や努力をもとにした凄みが、行間からにじみ出ているような気がした。

    最近読んだものとしては、珠玉の一冊であった。特に私とは違い、毎日忙しく働く若いビジネスマンには良い一冊だと思う。

  • 積ん読チャレンジ(〜'17/06/11) 8/56
    ’16/06/22 了

    大学時代、恩師であるゼミの教授から、就職活動に入らんとするゼミ生に向けて勧められた本。
    2011年に初版を購入しておきながら、今まで読んでいなかったことに驚く。

    内容としては大手広告代理店・電通のクレドと筆者がどのように向き合い、ビジネスの場で実践してきたかを説く本。

    「個」に立脚し、自分の軸をしっかりと持ったキャリアビジョンを持つことの大切さを説いていてその点は共感できた。

    組織の中で通用する常識や既存の仕組みを疑い、自ら切り開いていこうとする姿勢は立派だし、P 77に書かれた「棺桶のフタが閉まるまで自分の枠を限定することをやめてみよう」というメッセージが気に入った。

    また、「「任せる」と言う行為は、「任された」人間の責任感を推し量る指標である以上に、「任せた」人間の力量が問われる物だと筆者は考えている」(P72)というくだりは、日常的に部下に指示を出している役職者やリーダー層のビジネスマンに、是非記憶していてほしい一文だ。

    この様に気づきとなる部分は多々あったが、僕にとっては肌に合わない本だった。

    その事を痛烈に感じたのは、本を開いたわずか5ページ目、前書きの部分だった。
    「聞き慣れない新鮮な響きや聞こえのよいワードに浮かれ、本質を見極めない現象には危うさを感じる。他方では、セオリー、成功の法則をありったけ収集した段階で自己満足するだけというレベルから一歩踏み込みたい。自分自身のアジェンダを掲げ、行動し、検証し、裁くのも自分自身だと定義付ければ、そのプロセスにおいてオンリーワンのビジネス流儀と自己哲学が醸成されていくものだと筆者は考える。」
    この前書きから文章のカロリーが高すぎる感じも受け付けなかったし、「新鮮な響きや聞こえのよいワードに浮かれ、本質を見極めない」と言いながらカタカナ語を多用する自己矛盾が何よりも気持ち悪かった。

    決定的に僕の価値観とかけ離れていると感じたのは以下の文章(113ページ〜)
    「いずれにしても"日付変更線"を越える頃には、各部とも新入社員同期だけとなる。フロアには"若き労働者たち"の"雄叫び"が充満していく(略)
    そしてどんなに遅くまで飲んでも、翌朝は始業(9時30分)の1時間前には出社し、当時伝統の“先輩の机拭き”から新しい1日を迎える、と言う具合だった。
    職場のOJT(On the job training=実践トレーニング)は2年目が新入社員をマンツーマンで徹底的に教育・指導するというものだった。新入社員は、1年間はどんなミスやトラブルがあっても諸先輩からダイレクトに叱責されることはほとんどない。明らかに自分の不始末で起きたことでも、目の前で2年目の先輩が、各先輩から罵倒されているシーンを何度も体験した。そのたびに「悪いのは自分だ。俺に言ってくれ!」と心の中で叫ぶ。しかし何も出来ない不甲斐なさと悔しさに耐えるしかない。
    2年目になり、待望の新入社員が配属されてくる。2年目は誰といるよりも新入社員と過ごす時間が多かった。毎晩深夜まで残業して、それから一杯飲みに出かける。土日のどちらかは二人で出社。その週にやり残した作業を片づけ、翌週の準備を行う。この1年間は、極端に言えば新入社員に“1銭”も使わせなかった。むしろそれが先輩のあるべき姿であり“美徳”だと思っていたからだ。」
    この一連の文章は、共感も覚えなければ鳥肌が立つほど気持ちが悪いわで最悪。
    今はそうではないと信じたいが、電通という企業に対する印象はこの部分を読んだだけで最悪。
    給料が出ないのに机拭きを無言の圧力で強制する風土はこの会社に限ったことではないだろうが、日本という社会から撲滅されるべき悪習であると思う。

    「明らかに自分の不始末で起きたことでも、目の前で2年目の先輩が、各先輩から罵倒されているシーンを何度も体験した」という部分には寒気すら覚えた。
    強い罰を与える様を目の当たりにさせ、誰かに対して強烈な罪悪感を抱かせるのは、強制収容所や集団監禁をした際の「教育」に良く用いられる手法だと聞く。
    こんな恐怖政治が社内でまかり通っていて良いのだろうか。

    「トイレに行っては泣き出しそうな情けない自分の顔を鏡越しに睨み返すり「負けてたまるか!」と心の中で叫びながら現場に戻り、罵倒・叱責・怒濤の嵐に突入する」(P204)
    「職人の弟子が師匠の一挙手一投足を見ながら、「技」を盗むかのごとく日々情報収集していた。諸先輩のコミュニケーション手段、企画書の書き方、仕事の段取りをときには非合法ぎりぎりのさまざまな手段で摑み取り、自分のスキルアップに変換させる。その頃筆者は、周囲から「獲物を探す鋭い目つき」と言われていた。情報に対するハングリー精神の顕れだったかもしれない」(P186)
    こんなことを得意気に著書に残すことの出来る筆者の気が知れない。

    聡明な方なんだろうけど、兎に角僕の価値観と交わるところが少なすぎる。


    気に入った・気になった箇所
    ・「観念的に言えば、人間は論理を理解するようにできていない。人間は物語を理解するようにできているのだ」(P111)

    ・ラダ・ビノード・パール博士 靖国神社にある石碑(P154)

    ・「男が自分の技量に自信を持ったときの美しさというものは別格のものだが、自らの位階に自信を持った場合は鼻持ちならなくなる」(P157 司馬遼太郎の言葉)
    ※就活時代に大量に目にした「学生時代サークルの代表でした!」という学生がどこか気に入らないのはこれだなと思った。

    ・「新聞とテレビの企画の違い」
    新聞=川上発想=「大義」に近い発想
    テレビ=川下発想=「販売促進」に近い発想
    (P190)

    ・「創造も変革も不連続面を飛び越えていくことだ」(P192)

  • とても気合の入った良書。盗むべきところだらけ。

  • 電通の吉田社長が社訓として残した「電通鬼十則」はちょうど私が生まれた年ででした。

  • 電通にいた筆者が取り組んできた仕事への意気込みと覚悟を真似しないことには超えたいものさえも超えられないぞ。

  • 【読書その7】第4代電通社長の吉田秀雄氏が半世紀以上前に創った社訓「鬼十則」。これを電通でキャリアを重ねて成長したビジネスの最前線で活躍を続ける著者である柴田明彦氏が自らの経験等に基づき再解釈した本。この再解釈が「鬼十則」を極めて深みのあるものとしており、非常に面白い。それは著者の様々なビジネス経験があってこそ。久しぶりに出会った何度も読み直したい本。

  • 201211読了。

  • 電通「鬼十則」が生まれたのは1951年のことだそうです。
    以来、語り継がれて60年、「鬼十則」の名は、
    電通マンならずとも、一度は耳にしたことがあると思います。

    本著は、電通に26年間在籍した著者が、
    自身の実践を通して至った考察を書き綴った入魂の作品です。

    エピソードと関連させながら「鬼十則」を見ていると、
    信条には行動を変える力があるのだと改めて感じさせられます。

    これまで、知ってはいたものの深く考察したことの無かった「鬼十則」。
    改めて見ると非常に尖っていて心に残る。
    時代とともに変わっていく価値観の中で、不思議と古めかしさは感じませんでした。
    これを機会に暗記して、信条リストに入れておくことにしました。
    (機会があれば、ちょっと偉そうに諳んじてみたり。)

    この鬼十則は、4代目の社長である吉田秀雄氏が残したものですが、
    内容の普遍性もさる事ながら「鬼十則」と、自ら鬼の名を冠しており、
    裏返しの愛情がほんのりと感じ取れる点も、
    長く鉄則として語り継がれた理由ではないでしょうか。

全19件中 1 - 10件を表示

ビジネスで活かす電通「鬼十則」 仕事に誇りと自分軸を持つ (朝日新書)のその他の作品

柴田明彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウォルター・アイ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ビジネスで活かす電通「鬼十則」 仕事に誇りと自分軸を持つ (朝日新書)はこんな本です

ビジネスで活かす電通「鬼十則」 仕事に誇りと自分軸を持つ (朝日新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする