パ・リーグがプロ野球を変える 6球団に学ぶ経営戦略 (朝日新書)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.27
  • (2)
  • (11)
  • (24)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 97
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022733887

作品紹介・あらすじ

かつてパ・リーグは球界の「お荷物」だった。スタンドは閑古鳥、球団経営は大赤字…。しかし、今はどうだ。交流戦や日本シリーズで強さを発揮し、観客動員は右肩上がり、球団経営も各チーム、好転している。パ・リーグに何が起こっているのか。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • NBAプロジェクトマネージャーの大坪正則さんが記したプロ野球経営に関する一冊。(2011年3月30日発刊)

    パリーグ6球団の改革を取り上げながらも、アメリカの4大スポーツと比較しながら日本プロ野球の問題点・解決策を示している。

    TV放映権料、チケット収入、マーチャンダイジング(物品・物販販売)、スポンサーシップというNBAの4つの収入源から、どのような道筋をつけてパリーグ6球団が黒字化を図るのか、巨人がさらなる収益をあげていくのかを考える材料となる。

    プロ野球球団の経営に携わりたい人には必読書。

  • パ・リーグ球団の過去の経営と現状、日本プロ野球機構(NPB)と大リーグ(MLB)・アメリカンフットボールとの比較、今後のパ・リーグの将来について述べられた本。著者は大リーグとのクラブ世界一大会を望んでおり、そのために大リーグ球団との収益、選手年俸の差を埋める必要があると述べている。また、各球団が選手と一体となり営業黒字を目指していく必要がある。対策として、商品である試合を魅力的にするためにドラフトのウェーバ制の導入(戦力の均一化)、リーグ一丸となり規模の経済により固定費を下げる(ただし、企業がオーナーでなくなるかもしれない)などを講じるべきである。今後は球団同士が上手に連携しNPBの魅力を高めて良く必要がある。

  • パ・リーグに何が起こっているのか。

  • 【速読】案外自分も同調できる部分が多いですね。CSの賛否、育成制度への疑問とその理由、戦力均衡。交流戦も減らす方向だそうですが、これまた球団収支を分配すべきという流れからはほど遠く、その辺を阻害しているのは儲かってるあれらの球団てことでしょう。たしかにプロ選手は金額で動く……しかし、その一点においてプロフェッショナルを語るのも底が浅い。FAで金額が低くても弱いチームに移れば長くできるし、黒田のように金額が大幅に減っても移籍するケースもあるわけですから。大リーグへの移籍理由として、野茂や青木らの例も出さないと公平ではないでしょう。

  • 僕が子供の頃パ・リーグといえば本当にガラガラのスタンドが目立っていたがいつの間にか人気球団が続出しものすごい盛り上がりよう。球団経営という視点でみると隔世の感があります。星3つ

  •  球団(チーム)の戦力を経営の面から眺めると、強いチームにはそれ なりの経済的裏づけや勝つ理由が存在し、弱いチームにも、同様に、 衰退の理由や負ける要因が必ずある。


    会社・事業も同じ。


    こういうのを監査項目に含めてはおきたいが、チェックする側の力量がまだまだ十分でない。強いとこも弱いとこも、その状況を監査なりの視点で整理して、蓄積していく必要がある。

    多くの監査要点がある中で、こういったところに踏み込む際の規準なんかも考えないといけない。

    とまあ、まだ「はじめに」を読んだだけだけど、ほぼ妄想して読了状態。。。


    で、ようやく最後の章の冒頭。

    「現状維持は、すなわち脱落である。」

    これ、言葉は違えど会社の企業理念と同じ。人によっては、現状維持でも成長とか思うみたいなんで、ここの意識改革、難問です。

    大学生の頃から、そう言われて仕事してきた僕としては当たり前なんだけど、30過ぎてこんなこと言わせるなや…


    本の中身はというと、好き勝手に言いたいこと言ってるのかなという印象。なるほどね、そういう見方もできるかと思うこともあり。でも、話がでかすぎる。

  • 球団の、事業面黒字を目指しているパリーグの今までを記した歴史本。フランチャイズベースだけでの放映権、スポンサー営業は難しいということ。

  • ファン的視点で読むと面白くないかも。

  • なるほど。考えている人もいるんだ。

  • 2004年の球界再編問題以降のパ・リーグ6球団の経営戦略にスポットを当て、今後のパ・リーグ、そして日本プロ野球(NPB)の経営のあり方についての著者のアイデアが書かれている。
    あの横暴な某球団元オーナーが今でも幅を利かせているセ・リーグと違い、パ・リーグには6球団が結束してリーグの価値を高めようという気概を感じる。パ・リーグのオーナー、経営陣が旗振り役になってNPBの改革を推し進めてもらいたいものだ。

全16件中 1 - 10件を表示

大坪正則の作品

パ・リーグがプロ野球を変える 6球団に学ぶ経営戦略 (朝日新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする