おうち飲みワイン100本勝負 (朝日新書)

著者 : 山本昭彦
  • 朝日新聞出版 (2011年4月13日発売)
3.12
  • (2)
  • (4)
  • (15)
  • (5)
  • (0)
  • 本棚登録 :103
  • レビュー :13
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022733931

作品紹介・あらすじ

とかく、ワインの「値段」はわかりにくい。でも、2000円台でも十分、超高級ワインと遜色ない味わいが楽しめる。平日、週末、アウトドア、特別な日、贈り物に…。ワインをこよなく愛す著者が、これまで自腹で飲んだ中から納得できる、おすすめの逸品だけを選んだ。グラスや保存方法など、ワインにまつわるコラムも充実、読んで楽しく、飲んでおいしい、重宝な1冊。

おうち飲みワイン100本勝負 (朝日新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読メお気に入りさんからお勧めいただいて読んでみた(*^-^*)同じ著者の『読めば身につく!これが最後のワイン入門』を読んで、ワインの概略を勉強(?)して、「それでは何から飲んでみよう?」というときに大役立ち!気取らぬ家飲みを想定して、シチュエーションや合う料理なども提案してくれているのでイメージしやすい。飲めば飲むほどもっと色々な味を知りたくなってくる…と著者も言っておりましたが、まさしくその通り。作り手の想いや土地の歴史に思いを馳せながら飲むお酒は一味も二味も違う。あぁ今夜は(も?)ワインのもう。

  • ワインへの愛がすごい。こんな食べ物と合わせたい、と書いてあって参考になります。掲載ワインをググるとけっこう売り切れ。また続編でないかな、

  • ワインを身近な存在へ!
    3,000円未満のワインのガイド本。家で飲む際ありがたい。
    ワインは一本で非日常を味わえる。月一本買うところから始めようと思いました。

  • この頃ワイン買うときの参考にしてます。

  • 2000 - 3000円のワイン紹介。デイリーワインで値段よりお得なワイン、あるいはお店で5000 - 6000円のお得なワインを選ぶ上ではかなり参考に。すでに飲んだ事があって値段の割にって思ったワインも載ってたりして。気になったのをリストにしたのでこれから一つずつ飲んでみよう。

  • 2000円台をターゲットにした良質ワインの紹介本。100本の銘柄を1ページずつ丁寧に解説している。米国在住時に10ドル前後で楽しんだワインが数本見られて懐かしく読んだ。この本を参考に歴史のある欧州ワインも楽しみたい。

  • 白ワインは守備範囲外だったが、本書を読み、赤ワインだけが良いわけではないというのが分かった。ウンチクに興味がなく、美味しいワインをそれなりの値段で飲みたいひとにはおすすめ。

  • (欲しい!) ワインガイド

  • 中級者向けの簡易なガイド本。基本1ページに1本ずつワインが紹介されている。モノクロとはいえすべて写真も載っているし、短くまとめられたコメントもよい。ワインの味わいだけでなく、その背景や薀蓄、飲むシチュエーションへのアドバイス、合わせる料理等々、ポイントをしぼって解説している。
    この著者はワイン界では有名なシュヴァリエだが、やや独善的で辛口コメントが好き嫌いを分けるだろう。自分の経験に引き寄せ過ぎているきらいもある。
    ともあれ、基本は3000円未満で、自宅で飲むことを想定したワイン本としてはそこそこ使える。いまはネットを使えば、多くのワインを入手することができるし。
    こういう本は、電子書籍で出してほしい。カラー写真載せて、ワインショップへのリンクと広告を入れて、毎年アップデートしていくといいと思うが。

  • 何気に買ったら、ものすごく文章が軽妙でとても面白かった。
    ここに載ってるワイン、全部飲みたくなるくらい。
    ネットでいろいろ探して購入してしまいました。
    短い文なんだけど、とても惹きつけられる文章を書く人だ。
    もっと読みたい。

全13件中 1 - 10件を表示

おうち飲みワイン100本勝負 (朝日新書)のその他の作品

山本昭彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウォルター・アイ...
シーナ・アイエン...
佐々木 圭一
村上 春樹
三浦 しをん
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

おうち飲みワイン100本勝負 (朝日新書)はこんな本です

おうち飲みワイン100本勝負 (朝日新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする