知らないと損する 池上彰のお金の学校 (朝日新書)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.67
  • (125)
  • (338)
  • (303)
  • (32)
  • (7)
本棚登録 : 2667
レビュー : 281
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022734174

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • お金、銀行、投資、保険、税金などの基礎知識を分かりやすく解説してくれている。

  • まずは基礎的なお金の仕組みを知りたい人向けの、社会のお金に関する入門書。
    お金の歴史・銀行・投資・保険・税金・ニュースの中のお金・身近なお金の全7章。

    特に投資の個所では株やFXについての基本的なこと、ニュースの中のお金の章ではGDPやデフレ・インフレのことについて等がざっくり簡潔に説明されています。
    投資を始めたいけれどお金のことについてはそんなに詳しくないという方、お金の仕組みの簡単に復習をしたい方にお勧めします。
    学生時代から現在にかけて社会の授業も新聞もからっきしな私でも理解できるような、わかりやすく易しい言葉で書かれていました。
    複雑な話も少ないので、中学・高校生にも読めそうな内容です。

    「銀行」や「株」の章は、あまり自分に関係がなく遠い世界のことのように読んでいましたが、「保険」や「税金」の章は、新社会人および社会人(サラリーマン/OL)は、絶対読んでおいた方が良いと思いました。

  • とてもわかりやすかったです。
    今まで苦手の分野でしたが
    すんなりと入ってきました。

  • 時間があれば

  • さすが池上彰先生。分かりやすくて簡潔だった。
    高校でチンタラと時間をかけて学ぶような経済のエッセンスを学ぶことができる良書。
    ただ、あまり難しい内容では無いので、物足りなさはあるかも。より難度の高い本への入門書。

  • こうゆう世の中の仕組みがよくわからずとも生きてしまえている 仕組みがよくわからずとも仕事ができてしまうからか.. みずほ銀行は、むかしの第一銀行なんですねぇ

  • こんなことも知らなかった

  • とにかくわかりやすい。もっと早く読んでおくべきだった。
    ---
    ・金利が上がるという現象には、良い金利上昇(好景気)と悪い金利上昇(信用が落ちて国債の価格が下がる)がある
    ・持ち家 or 借家、固定金利 or 変動金利⇒買いたい時が買い時、ギャンブル性がある
    ・所得からその人の置かれている状況によっていくらか差し引くことを控除という。それに税金がかかる。

  • 17-2-1

  • 枝葉をバッサリ切っているのですごく「わかったつもり」になれる。これが金融の最低の知識ということを確認できてよかった。

全281件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

池上 彰(いけがみ あきら)
1950年、長野県生まれのジャーナリスト。東京工業大学特命教授、京都造形芸術大学客員教授、名城大学教授、信州大学・愛知学院大学特任教授、特定非営利活動法人日本ニュース時事能力検定協会理事を兼任する。
慶應義塾大学経済学部卒業後、1973年から2005年までNHKで記者として勤める。以降、フリーランスのジャーナリストとして活動。ニュース番組で人気になった。2012年から2016年までは東京工業大学リベラルアーツセンター専任教授を勤め、定年退職後も学生教育に関わっている。

知らないと損する 池上彰のお金の学校 (朝日新書)のその他の作品

池上彰の作品

ツイートする