知らないと損する 池上彰のお金の学校 (朝日新書)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.67
  • (125)
  • (338)
  • (303)
  • (32)
  • (7)
本棚登録 : 2667
レビュー : 281
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022734174

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • お金の原則というか基礎知識の理解に役立つ。
    金本位制の金にかわるものとして、国債(借金)がお金を刷る原資となっているというのは、基礎的なことなのかもしれないが理解に役立った。

  • お金全般の話。とっても読みやすい。わかりやすいけどやっぱりインフレとか金利とかの関係性はもう少し深く勉強しないとわからないなと思った。

  • 長期金利は、発行済み国際の売買状況によって決まる。つまり、市場が決める。国債の価格が上がると、長期金利は下がる。

    何が金利上昇の本当の原因なのか、いろいろな見方ができる。

  • TV特番同様の分かりやすさ。そもお金とは何かという所から、トピックは金利、税金、投資、為替、様々なビジネススタイル等々展開し、各々生活に密接した具体例を挙げて解説してくれるので、読み飽きない。お金に関して基礎的な教育がなされていない現状、お金というものを「掴む」本書のような入門編は余計に価値があると思う。理解を伴った読後、ニュースの見方も変わるかも。

  • ニュース解説でもおなじみの池上さんの本。
    一般教養で知りたいことがあるときは、はじめに池上さんの著書を探すようにしている。なにせわかりやすい。

    お金はあらゆる人にとって身近な存在でありながら、使用法以上のことを知っている人も少ないはず。
    本書では銀行、株、投資、保険、景気…と、お金や経済に関する幅広い知識を、池上さんらしく噛み砕いて解説。
    これだけの幅広い知識をしっかりおさえるもよし、興味が出た分野を掘り下げていくもよし。
    どちらにしても読んで損のない内容。
    (全体的に易しい内容なので、株の運用方法や、保険の選定の参考にはならないかもしれない。)
    「ニュースを観ていても、お金の話がよくわからない…」という人のとっかかりに最適。

  • お金の歴史、銀行、投資、保険、税金、円高と円安、GDP、デフレとインフレ、給料とボーナス、格安商品、ギャンブルといったお金の基礎知識を広く解説。最低限の教養として知っておくべきことばかりで、まさにタイトルどおり「知らないと損する」。

    池上さんらしい、深い知識に裏付けられた、優しく分かりやすい語り口。

  • ジャーナリストでありながら、著書や出演するテレビ番組で政治や世界情勢、経済等をわかりやすく説明することで有名な池上彰さんの『お金』に関する解説本。

    現代の人間が、お金との関わりなくして生きていけないほど身近な『お金』であるにも関わらず、多くの人が知っているようで、あまりわかっていない。

    子どものころは、お金のことを詳しく知る機会はほとんどなく、大人になってからは、改めて学ぼうとする意欲や必要性を感じず、なんとなくわかっているつもりになっているというのが、ほとんどだろう。

    そもそも、お金とは何なのか、金利とは、株とは、保険とは、GDPとは、お金の基礎がわかってくれば、世界の経済の流れ、投資について、政治について内容がよくわかるようになるし、興味ももてるようになる。

    日本では、お金のことを深く知ろうとしたり、お金をもっと稼ごうとしたり、なんならお金の話をしただけでも、品がない、金の亡者だ、と貧しいことが心も清らかな証拠のように揶揄されることが多い。

    そんなことはない。
    『衣食足りて礼節を知る』という言葉もあるように、自分がある程度豊かになったからこそ、人に優しくなれたり、人に救いの手を差し伸べられる余裕が出てくるものだと思う。
    そのはじめの一歩として、お金に関する知識をしっかりもつことが大事ではないか。

    池上さんらしく、とてもわかりやすく解説してあるので、初めて手にとるには、とてもいい本だと感じた。

  • 資産運用を考えてみたいと思い、取っ掛かりとして手に取りました。
    お金の歴史から始めて、身の回りのお金に関する事柄を分かりやすく解説されています。日頃ニュースで見聞きするものの、意味の分かっていなかった単語について、少し知識が広まりました。

    お金について学び始める際の最初の教科書として飲み込みやすい書籍かと思いました。

  • 体系的にお金の勉強をするのにオススメな本。

  • とてもわかりやすい。基本的なこと、知ったつもりになっていたことがすっと理解出来る。

全281件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

池上 彰(いけがみ あきら)
1950年、長野県生まれのジャーナリスト。東京工業大学特命教授、京都造形芸術大学客員教授、名城大学教授、信州大学・愛知学院大学特任教授、特定非営利活動法人日本ニュース時事能力検定協会理事を兼任する。
慶應義塾大学経済学部卒業後、1973年から2005年までNHKで記者として勤める。以降、フリーランスのジャーナリストとして活動。ニュース番組で人気になった。2012年から2016年までは東京工業大学リベラルアーツセンター専任教授を勤め、定年退職後も学生教育に関わっている。

知らないと損する 池上彰のお金の学校 (朝日新書)のその他の作品

池上彰の作品

ツイートする