知らないと損する 池上彰のお金の学校 (朝日新書)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.67
  • (125)
  • (338)
  • (303)
  • (32)
  • (7)
本棚登録 : 2667
レビュー : 281
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022734174

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • お金というテーマのもと、池上さんのわかりやすい口ぶりで書かれた良書。

    マネーリテラシー教育をほとんど受けない日本人には入門に最適な一冊です。
    特に二限、銀行の仕組み(お金の胴元)は現代経済の基本なのに初めて知ることや、仕組みを知ってなるほどと思うことが多かったです。
    三限、投資の章では基本的な投資手段(株、債券、投信、FXなど)の仕組みとそれぞれのメリットデメリットがよくわかります。

  • 【本の内容を一言で】
    「お金」を中心とした金融関係の教科書


    【内容まとめ】
    1.お金というのは「欲しいものを得るための交換手段」
    2.日本銀行は、銀行倒産のリスク回避のため1つの銀行だけでお札の発行し始めたことが誕生の由来
    3.医療費が年間10万円を超えた場合、その分の申請で控除=お金が戻ってくる


    【感想】
    池上彰は分かりやすい!
    何でこんなに広いジャンルで博識なんだ!!

    この本は、本当に教科書としかいいようがない。良くも悪くも「教科書」である。
    そのため「お金」や「金融」について知識が欲しい時は、真っ先に手に取るべき分かりやすい1冊の本だろう。
    難易度も低く、金融に関して色んなジャンルに浅く広く触れているから、Fリテラシーの勉強のきっかけとしては良い本だった。
    だから、子どもが読んだらエエのではないかと思う。(読むタイミングによっては、時代が大きく変わっているかもしれないが・・・)

    また、お金の歴史や語源、日銀の誕生理由、税金に関する事などは、非常に勉強になった。
    確定申告や医療費申請などは知らなくて損をする(得をしない)リスクは非常に高いだろう。
    ただ、ザっと読んだ為あんまり理解できなかった。

    結論、ファイナンシャル・リテラシーは第一じゃないにしても必須科目のようなもの。
    この手の本や新聞記事は定期的に読んだり頭に入れておく必要性は高いと思う。


    【引用】
    お金の歴史から始まって、銀行の仕組みや投資、保険、税金など、お金にまつわる基本的な情報を整理して読者に届ける。
    これを読んだからといって、あなたの財産を増やすことができると保証するものではない。


    ◉お金の歴史
    元々は物々交換だったが、ニーズ一致の可能性が低いため、それだと物々交換の取引が成立しない。
    そこで出会う可能性を高めるために市場ができ、「みんなが欲しがる共通のもの」として日本では稲(ネ)や布が生まれた。
    「値」や「幣」はそれが語源。

    ちなみに中国では貝だった。
    →「貧」「貨」「購」など、お金に関係した感じには全て「貝」が入っている!

    ローマでは「塩」。
    →ラテン語で「サラリウム」のため、「サラリー」という言葉が生まれた

    上記のように通貨はそれぞれだったが、世界共通で金銀銅になっていった。
    結局、お金というのは「欲しいものを得るための交換手段」!


    p18
    ・日本銀行誕生について
    昔は各銀行が発行していたが、兌換紙幣の発行数ミスやそれによる取替え多発で銀行が潰れるリスクがあるため、1つの銀行だけでお札の発行をすることになった。

    ・日本銀行の役割
    ①銀行にとっての銀行
    →各銀行が日銀に口座を開き、管理している

    ②政府の銀行
    →税金や反則金の管理も行なっている

    ③紙幣を発行する発券銀行
    →好きな時に発行するわけではなく、国債に応じて紙幣の量を決める


    p112
    ・金投資
    金に投資する投資信託が注目を集めている。
    金取引だと売買が盛んでリスクがあったが、投資信託が販売されたことで金の値段は下がりにくくなった。
    →会社が一定量の金を保有しなければいけないため、売りにブレーキがかかったため

    p114
    ・わかりやすさが特徴のETF
    ETF…上場投信。エクスチェンジ・トレイデット・ファンドの略。
    →値段がわかりやすい
    →普通の株式と同じように瞬時に売買できる


    p144
    ・直接税と間接税
    収入のあった人が直接税務署に納める税金が「直接税」
    消費税や酒税・たばこ税など、商品に含まれる税金などが間接税


    p148
    ・所得と収入は違う
    収入は仕事をすることによって得た金
    →額面
    所得は実際に手元に残る金
    →手取り


    p151
    ・サラリーマンと確定申告
    源泉徴収は他の国を見渡すと非常に珍しい仕組み。企業から面倒だと反発があり、導入されなかった。

    メリットは?
    ①還付申告
    医療費が年間10万円を超えた場合、その分の申請で控除=お金が戻ってくる!
    確定申告と別で単独でも行える

    医療費のほかに寄付金、家の購入費、盗難や災害にあった場合なども対象になる。

  • そもそも、お金とは何でしょう?
    金利とは? 株とは? 保険とは? GDPとは?
    それをわかりやすく説明できるようになる本。

  • まずは基礎的なお金の仕組みを知りたい人向けの、社会のお金に関する入門書。
    お金の歴史・銀行・投資・保険・税金・ニュースの中のお金・身近なお金の全7章。

    特に投資の個所では株やFXについての基本的なこと、ニュースの中のお金の章ではGDPやデフレ・インフレのことについて等がざっくり簡潔に説明されています。
    投資を始めたいけれどお金のことについてはそんなに詳しくないという方、お金の仕組みの簡単に復習をしたい方にお勧めします。
    学生時代から現在にかけて社会の授業も新聞もからっきしな私でも理解できるような、わかりやすく易しい言葉で書かれていました。
    複雑な話も少ないので、中学・高校生にも読めそうな内容です。

    「銀行」や「株」の章は、あまり自分に関係がなく遠い世界のことのように読んでいましたが、「保険」や「税金」の章は、新社会人および社会人(サラリーマン/OL)は、絶対読んでおいた方が良いと思いました。

  • さすが池上彰先生。分かりやすくて簡潔だった。
    高校でチンタラと時間をかけて学ぶような経済のエッセンスを学ぶことができる良書。
    ただ、あまり難しい内容では無いので、物足りなさはあるかも。より難度の高い本への入門書。

  • こうゆう世の中の仕組みがよくわからずとも生きてしまえている 仕組みがよくわからずとも仕事ができてしまうからか.. みずほ銀行は、むかしの第一銀行なんですねぇ

  • 17-2-1

  • 経済のことを広く浅く学べる本です。
    池上さんなので、説明は分かりやすいです。
    小さくて薄い本の為、持ち運びに便利で、病院の待ち時間などの空き時間に読むの丁度よかったです。

  • 2017.10.22

    銀行やローン、保険のことなどお金に関連する基本的なことを項目ごとにを易しくわかりやすく噛み砕いて説明してくれているのでお金の仕組みがすごく分かりやすかった。

  • お金に関して大分素人な僕がやっと勉強しようと思って、まずブックオフで手にした本。池上信仰です。分かりやすい語り口で、しかししっかりと納得できる入りでよかったです。金を稼ぐっていうような目的よりも、社会や世界を知る意味で、まず入門になりました。


    17.9.23

著者プロフィール

池上 彰(いけがみ あきら)
1950年、長野県生まれのジャーナリスト。東京工業大学特命教授、京都造形芸術大学客員教授、名城大学教授、信州大学・愛知学院大学特任教授、特定非営利活動法人日本ニュース時事能力検定協会理事を兼任する。
慶應義塾大学経済学部卒業後、1973年から2005年までNHKで記者として勤める。以降、フリーランスのジャーナリストとして活動。ニュース番組で人気になった。2012年から2016年までは東京工業大学リベラルアーツセンター専任教授を勤め、定年退職後も学生教育に関わっている。

知らないと損する 池上彰のお金の学校 (朝日新書)のその他の作品

池上彰の作品

ツイートする