宮本式・ワンランク上のサッカー観戦術 (朝日新書)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.23
  • (10)
  • (35)
  • (67)
  • (17)
  • (4)
本棚登録 : 346
レビュー : 57
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022734532

作品紹介・あらすじ

知性派として知られる宮本恒靖が、プロ選手としてピッチで感じていたこと、考えていたことをベースに、独自のサッカー観戦術を、わかりやすく解説。「ボールを持たない選手の駆け引きを知る」「ピッチは4つのゾーンに分けて観る」など、少しの視点の違いで、試合の観方がガラリと変わる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 普段からプレーする人や、戦術などを分析しながら観る人にとっては概ねスタンダードな内容だと思うけど、代表戦しか観ないとか生観戦しない人にはぜひオススメ。きっとピッチ全体を俯瞰して観たくなります。かつ、通ぶれます笑
    わかりやすく書いてあり、二時間もあれば読み終わるのもちょうどいい。

  • 読みやすくてあっという間に読めてしまいました。

    オリンピック間近、
    ワールドカップを2年後に控えたこの時期にぴったりな内容でした。
    逆に言えば、この本、今読まないと鮮度が落ちそうな感じです。。

    いつも冷静で、物事を公平な目で見ている筆者のスタンスが好感持てます。

  • 選手の視点にたって戦術の解説されていて、読んで試合を見ると成る程と思う
    試合中の修正や選手交代の意味なんかも考えられる様になる
    だいぶ前の本だけど出てくる選手がかなり今も中心選手として活躍してるのがすごい

  • 確かにワンランク上なのかもしれないが、基準がそもそも高くない。
    個人に焦点を当てた話は面白かったが、大きな話が多く、戦術的な視点や理解が高まるようなところはあまりない。

  • 初心者向け、宮本さんファン向け。

    頻繁に出てきていた言葉は、発言するチームや選手、すなわちコミュニケーションをとるチームはより勝利に近づくことができるということ。選手同士、審判と、などなど。

    遠藤はパスをやめる判断、やめる技術があるということも描かれていた。

  • 観戦力かどうかはわからないけど。サッカーでボールばっかりいていては面白いことのがしてるよという本。
    正直これといって新しい情報はあまり得られなかったけど。

    PKでの一呼吸をそんなに重視して見ているという点は驚きでした。

  • サッカーの観戦の仕方。ボールを持っていない選手の動きや駆け引きを観る、4つのゾーンに分けて観る。

  • エッセンスを凝縮すると、オフザボールに注目しましょう、という事。1人のプレーヤーが1試合でボールを持つ時間は2分。残りの88分で試合は決まる。
    けどやっぱゴール裏じゃとボールに注目してしまうんよなあ。
    センターバック、およびキャプテンの仕事に興味を持つ様になった。森重ももっと審判にコンタクトして円滑に試合を進めてくれ。

    ◇リーダータイプのセンターバックは、常にこうしてしゃべっているものです。34

    ☆レフェリーとの接触もキャプテンの仕事の一つ40

  •  良い選手を観る技術。ちょっと違う感覚でトラップするこいつは執拗に徹底して裏に抜けることしか考えていない。ゴールに背を向けて突っ立ってボールを待つだけのポストプレイヤーなら怖くもなんともないのだが。足元にがつんと一発当たっておくか。ここはおれの間合いだ。尻を落とし足を開いて壁をつくる。勝負だ。頭の中は真っ白だが局面は冷静に見えている。

    『酒井選手がボールを持った瞬間に、ボールがないところを観ることは、その選手と同じように、観客も多くの選択肢を持つということになります。ボールだけを追っていては、その選択肢の多さと、なぜその選手がその選択肢を選んだか、選ばなかったかはわからないのです。』75頁

  • 選手の目線、特にオフザボールの動き方についてよく書いてある。客、というよりやっている人にとって参考になる本。

全57件中 1 - 10件を表示

宮本式・ワンランク上のサッカー観戦術 (朝日新書)のその他の作品

宮本恒靖の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
池井戸 潤
ロバート キヨサ...
ジェームズ アレ...
ウォルター・アイ...
又吉 直樹
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

宮本式・ワンランク上のサッカー観戦術 (朝日新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする