松下幸之助は泣いている 日本の家電、復活の条件 (朝日新書)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.43
  • (1)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :30
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022734655

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • パナソニックのこれまでの歩みを松下幸之助の名言とともに振り返る。
    アップルやサムスンが描いていた未来や過程と似たことをやっていたが差がついてしまったことを省みている。
    ザ・ビジネス書籍

    キーワード
    時代の変化への対応
    ユビキタス製品

  • 社員を大事に
    リストラはしない
    日本で売れても外国で売れるとは限らない

  • 日本の電器業界、日本のものづくりがどんな状況にあるのか、「まさか」とは思っていたけれど、やっぱりそうだったんだ...。
    何となく、気が重くなりつつ、でも「こけたら、立ちなはれ」といわれて、元気をださなくちゃと思う本。

  • 「松下は人をつくる会社です。合わせて電気製品もつくっています」と言う松下幸之助の言葉が印象的でした。

    リストラをすれば、一時的に企業は持ち直すかもしれないが、同時に優秀な技術を持った人材を他者に提供することになる。それが、新たなライバルを育てることにつながり、自分たちを苦しめる事につながる。言われてみると当然なことなのかもしれないが、自分だけ乗り遅れる訳にはいかなと言う日本人の悪い癖もあるのか。

    かっての松下の様に、人やその地域の共同体を大切にしようとする企業は強いのかもしれない。自分の所の商品のファンになってくれる可能性が高いからだと言う。

    殺伐とした社会ではなくもっと風通しの良い社会であれば、より素晴らしい人を幸せにしようとするアイデアが生まれるのかもしれない。

    電機業界に限らず、全ての業界に通用する本だと思います。

全4件中 1 - 4件を表示

松下幸之助は泣いている 日本の家電、復活の条件 (朝日新書)のその他の作品

岩谷英昭の作品

松下幸之助は泣いている 日本の家電、復活の条件 (朝日新書)はこんな本です

ツイートする