お盛んすぎる 江戸の男と女 (朝日新書)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.06
  • (0)
  • (4)
  • (12)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 73
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022734716

作品紹介・あらすじ

江戸は素人の女のほうが、野放図に性を楽しんでいた。結婚前の娘もごく当たり前にセックスを謳歌し、武家の妻にも密通は多かった。夫婦になれば、せっせと様々な性技を試す-。手練れの作家によって、江戸の性生活がいきいきと蘇る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 江戸時代はどれだけセックスに奔放だっか

  • 素人・玄人の江戸の男女の性。
    現代よりも伸び伸びとした性生活を送っていたことに驚かされる。

    現代の風俗と江戸の遊郭・岡場所などの、後ろめたさの違いは、そこで働く人が自由意思によるのか、そうでないのかに起因することを改めて知った。

    内容は断片的かつ、重複する内容でいまひとつ。昔言葉と現代語を行き来する、という読み辛さもあって、満足感は低い。ただ、興味深い内容ではあった。

  • よく調べてあり、にやりとする記述が満載の楽しい本だ.木造家屋で電灯もなく、暖房も充分でない環境でも、することはしていたんだ.盛んに!

全3件中 1 - 3件を表示

お盛んすぎる 江戸の男と女 (朝日新書)のその他の作品

永井義男の作品

お盛んすぎる 江戸の男と女 (朝日新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする