若者のホンネ 平成生まれは何を考えているのか (朝日新書)

著者 : 香山リカ
  • 朝日新聞出版 (2012年12月13日発売)
3.00
  • (4)
  • (8)
  • (25)
  • (6)
  • (5)
  • 本棚登録 :144
  • レビュー :26
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022734785

作品紹介・あらすじ

最近の若者っていったい何を考えてるの?平成生まれの大卒が社会人になった。中高年の多くが「最近の若者」の気持ちがわからないという悩みを抱えている。若者に特有のプライドとは、コンプレックスとは、恋愛や人間関係とは…。40のキーワードを基に、中高年と若者の心理の違いを綴った若者論。

若者のホンネ 平成生まれは何を考えているのか (朝日新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • おばさんのつぶやき、やね。感じた事をまとめただけ。
    連載かなにかの抜粋なのかしら?

  • 一通り読んで、自分の中に残る内容が全く無かった。筆者が接している若者から、今の若者の考え方や傾向を記しているが、それ以外は特に何も無くただ記しているだけという感じ。
    筆者の考えや感じたことが書かれているが、様々な若者のことを分析したという感じでもなく、主観での意見となり説得力もあまり無いように感じた。

  • p136に出てくる10年後どうなっていたいかという質問に対して「3年後には結婚する予定なので3人の子供を持ったカッコいいママになっていたい」と答えつつその結婚相手は「今はいない」と言った女子大生の話を読んで笑ってしまった。
    社会人でもこういう女いるよなあと。結婚は自分ひとりが頑張ってもできることじゃないし子供の数まで計画してしようとしても上手くいかないのに。
    そんな事も分からない人間にはカッコいい親になる資格もカッコ悪い親になる資格もないだろう。女も男も。

  • つまらない本でしたねぇ…基本的に「決め付け」「憶測」が多いように感じましたねぇ…著者は大学教授でもあるため、リアルに"ゆとり世代"と接しているのでしょう…学生諸君らに対する愚痴というかね、そういうのを直接本人を前にして言えない分、この本によって言っているという…そんな印象を受けましたね!

    思えば著者の本、他にも読んだことあったんですけれども、それも著者の憶測が目立っているような気がして…新書だのに著者の言い分に頷けなかったんですよねぇ…社畜死ね!!

    ヽ(・ω・)/ズコー

    時たまテレビでもお見かけするくらい有名なのに肝心の本の内容が大分アレですね! もうこの程度の本しか出せないのなら著者は執筆業から身を引くべきだと思います! ←え?? 社畜死ね!!

    ヽ(・ω・)/ズコー

  • キーワードごとに見た中高年と若者の違い。

  • 読みやすい。

    昭和の最後の方の生まれなので、「わかるわかる!」というところもあるし、「全然ピンと来ない。」というところもある。

    ・情報ソース
    ・本当に嫉妬しない人たち
    ・コピペ
    ・すぐ使える勉強
    ・絆ストレス

    以上はいろいろ思うところがあった個所

  • 文字通り、今時の若者について綴った一冊。
    エッセイ形式なので、さらっと読めた。

    大学教授という立場で、若者に接する機会が多いこともあり、内容は説得力があった。

  • 大学でいつも若者と接しているからわかる
    さいきんの事情をレポート
    やっぱ若者がいきずらい世の中のようです

  • ところどころ面白かったけど、羅列である

  • そんなに変わらないだろうと思って読み始めたが
    具体例を読んでみると世代の違いを感じた。

全26件中 1 - 10件を表示

若者のホンネ 平成生まれは何を考えているのか (朝日新書)のその他の作品

香山リカの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
朝井 リョウ
伊賀 泰代
佐々木 圭一
又吉 直樹
ウォルター・アイ...
有効な右矢印 無効な右矢印

若者のホンネ 平成生まれは何を考えているのか (朝日新書)はこんな本です

若者のホンネ 平成生まれは何を考えているのか (朝日新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする